【医療機器】在宅酸素療法(HOT)とは

「ハイサンソi」の画像検索結果

在宅酸素療法は、ご家庭で行える酸素吸入療法でHOTと呼ばれています。在宅酸素療法は1985年より保険適用となり、約16万人以上が実施しています。今後も患者数は増加していくと予想されています。

今回は、在宅酸素療法について、概要や治療効果、使い方を中心にご紹介致します。

スポンサーリンク

 

HOTの現状

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は COPD治療2.jpg です

引用:https://medical.teijin-pharma.co.jp/

在宅酸素療法を必要とする方は、主に慢性呼吸不全や慢性心不全の患者様です。呼吸不全になると、うまく呼吸が出来ず心臓への負担やむくみ、頭痛・息切れ・不眠・胃潰瘍・注意力,記憶力の低下への悪影響などが現れますが、色々な肺の病気が原因で、この病気が長期間続くことを慢性呼吸不全と言います。

◆HOT患者数推移
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は gurafu1.png です

引用:https://medical.teijin-pharma.co.jp/

◆HOT疾患別患者数

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は gurafu2.jpg です

引用:https://medical.teijin-pharma.co.jp

HOTの対象患者

  • 在宅酸素療法の対象疾患は、高度慢性呼吸不全例肺高血圧症慢性心不全チアノーゼ型先天性心疾患及び重度の群発頭痛の患者である。

  • 高度慢性呼吸不全例のうち、対象となる患者は在宅酸素療法導入時に動脈血酸素分圧55mmHg以下の者及び動脈血酸素分圧60mmHg以下で睡眠時または運動負荷時に著しい低酸素血症を来たす者であって医師が在宅酸素療法を必要であると認めた者。

  • 慢性心不全患者のうち、医師の診断により、NYHAⅢ度以上であると認められ睡眠時のチェーンストークス呼吸がみられ無呼吸低呼吸指数が20以上であることが睡眠ポリグラフィー上確認されている症例とする。

  • 群発頭痛の患者のうち、群発期間中の患者であって、1日平均1回以上の頭痛発作を認める者。

引用元:https://medical.teijin-pharma.co.jp/

HOTの治療効果

HOTの治療効果として、低酸素血症を持続的に改善し、生存率や運動耐容能、QOLの改善が報告されています。
また、HOTは呼吸リハビリテーションの一環として実施され、運動療法や栄養療法などと一緒に実施することで治療効果の改善がさらに期待できます。

  • 低酸素血症の改善
  • 生存率の改善
  • 運動耐容能の改善
  • 入院回数の軽減(急性増悪の減少)
  • QOLの改善

生存率の改善

HOTを実施することで、低酸素血症の持続によって生じる障害を予防し、生存率が改善します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は gurafu3.png です

引用:https://medical.teijin-pharma.co.jp/

 

スポンサーリンク

 

入院日数の軽減

HOTを実施することで、急性増悪が減少し、入院日数も減少します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は gurafu4.png です

引用:https://medical.teijin-pharma.co.jp/

診療報酬

HOTの診療報酬は、「在宅療養指導管理料」に、「在宅療養指導管理材料加算」が加算され、携帯用酸素ボンベや呼吸同調式デマンドバルブの有無などによって算定できる点数が変わります。「在宅療養指導管理材料加算」は、HOTを行っている入院中の患者以外の患者(チアノーゼ型先天性心疾患の患者を除く)に対して、酸素濃縮装置や酸素ボンベ等を使用した場合に、3月に3回に限り算定できます。

HOTの診療報酬について

引用:https://medical.teijin-pharma.co.jp/

酸素濃縮装置の使い方

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ハイサンソポータブルαⅡ.jpg です

引用:https://medical.teijin-pharma.co.jp/

必ず製品に付属の取扱説明書を確認し、装置を操作ください。

酸素濃縮装置の操作手順

  1. 電源コードをコンセントに差し込む
  2. カニューラを鼻に装着します
  3. 本体とカニューラを接続する
  4. 本体の電源を入れ
  5. 流量を設定する

流量と吸入時間については、主治医の処方に従ってください。

酸素吸入を開始

屋内で移動する場合は、延長チューブを使用できます。使用していないときは電源を切っておいてください。

注意事項

  • たこ足配線を避けてください。
  • ご使用前には必ず、カニューラ・チューブを点検し正常であることを確認してください。
  • 装置とチューブがきちんと接続されているか
  • チューブのつなぎ目が緩んでいないか
  • チューブが折れていないか
  • チューブに傷や穴が開いていないか
  • 酸素が出ているか確認するには、カニューラの鼻につける部分をコップの水の中に入れてください。気泡が出ていれば正常です。
  • 酸素濃縮装置をご使用の際は、火気から2メートル以上離してください。酸素自体が燃えることはありませんが、燃えてるものを更に燃えやすくする性質があります。
  • 酸素吸入中の喫煙は止めてください。カニューラに引火することもあり、大変危険です。火傷により死亡する事例も起こっています。
  • 酸素濃縮装置は、換気のよいところに置いて使用してください。

 

まとめ

最後までご視聴いただき誠に有難うございました。今回は「在宅酸素療法」について、概要や操作説明を記事とさせて頂きました。後日、在宅酸素療法について別の観点で記事を書く機会があればと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする