栗原勇一郎容疑者の妻は?顔画像やプロフィール、犯行内容について紹介

1月24日、千葉県野田市で、自小4年の栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡し、両親が逮捕された件で、父親の勇一郎容疑者(41)が2018年12月末に心愛さんに暴行して怪我をさせた疑いが強まったとして、2月14日に傷害容疑で再逮捕されました。

今回は勇一郎容疑者の妻や顔画像やプロフィール、犯行内容についての情報を紹介していきます。

[AdSense]

事件概要

1月24日、千葉県野田市で、自小4年の栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡し、両親が逮捕された件で、父親の勇一郎容疑者(41)が2018年12月末に心愛さんに暴行して怪我をさせた疑いが強まったとして、2月14日に傷害容疑で再逮捕されました。

捜査関係者によると、司法解剖の結果、心愛さんの体には複数の皮下出血やあざが見つかった。母親のなぎさ容疑者(32)は勇一郎容疑者の行動を巡り「冬休み中に娘に暴行し、あざができた。隠すため昨年末から外出させなかった」と供述している。

心愛さんの死因は不明だが、肺から水を検出した。なぎさ容疑者の供述では、死亡した1月24日の2日前ごろから、十分な睡眠や食事を与えていなかったとみられる。

引用:日経電子版

栗原雄一郎容疑者は、いつから虐待をしていたのでしょうか。直近の虐待については報道されていますが、以前から虐待していたのでしょうか、それとも今回何かきっかけがあって虐待という行動に出たのでしょうか。

事件の再発防止をしていく上で、もっと掘り下げて考えていかないと解決することはできないと思っています。

更新情報(3/29)

新たな情報が更新されましたので、共有します。

千葉県野田市で10歳の女の子が死亡した事件で、千葉地検は29日、父親を女の子への強要と妻への暴行の罪で追起訴した。

起訴状などによると栗原勇一郎被告は今年1月、娘の心愛さんを立たせ続けるなどさせた強要の罪と、今年の元日、妻のなぎさ被告の顔を平手で殴り、引き倒して馬乗りになった上、立ち上がったところを足で蹴るなどした暴行の罪に問われている。

勇一郎被告はリビングで心愛さんに「俺もう何も信用してないよ、お前のことなんか」「お前みたいに暇人じゃないんだよ、こっちの3人は。楽しい予定もあったのに。全部お前のせいでそれなしだよ」などと言い、嫌がる心愛さんを引っ張り出して浴室に立たせ続けるなどしたという。

勇一郎被告はこれまでに傷害致死などの罪でも起訴されていて、妻のなぎさ被告は傷害ほう助の罪で起訴されている。

引用:Yahooニュース 日テレ NEWS24

 

栗原雄一郎容疑者 容疑者の犯行履歴/事件の時系列纏め

栗原雄一郎容疑者のこれまでの犯行内容/事件の出来事を時系列で纏めました。

昨年12月30日~1月3日ごろ 自宅で栗原心愛さんの体の上に膝を押しつけて乗りかかるなどし、顔面打撲と胸骨骨折のけがをさせた
冬休み終了以降 暴行が発覚しないよう心愛さんは両親によって外出を許されず、冬休みが終わっても登校できなかった。
1月24日までの数日間 食事を抜かれることも度々あり、衰弱していった中で暴行を受けていた
1月24日 栗原心愛さん死亡
1月25日 24日午前10時ごろから午後11時20分ごろまでの間、冷水シャワーを掛けたなどとして、翌25日に勇一郎容疑者を逮捕。共謀したとして、妻のなぎさ容疑者も2月4日に逮捕した。
2月4日 妻のなぎさ容疑者も傷害容疑で逮捕
2月14日 栗原勇一郎容疑者(41)が2018年12月末にも心愛さんに暴行してけがをさせた疑いが強まったとして、県警が傷害容疑で再逮捕する方針を固めたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。勾留期限の14日に再逮捕した

栗原雄一郎容疑者 容疑者のプロフィール

栗原雄一郎容疑者の簡単なプロフィールを纏めました。

名前  栗原勇一郎
読み方  くりはらゆういちろう
年齢  41歳
現在地  千葉県野田市
職業  会社員

栗原雄一郎容疑者は、沖縄の観光会社のという沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)に所属しており、東京事務所職員として働いていると情報があります。

栗原雄一郎 容疑者の顔画像

今回事件を起こしてしまった栗原雄一郎 容疑者の顔画像はネットに公開されているのでしょうか。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kuriharayuichiro-1024x583.png です

引用:Yahooニュース

笑ってるせいか、ごく普通のいいおじさんに見えますね。人は見た目で判断してはいけないと思いました。

[AdSense]

栗原雄一郎 容疑者の妻の顔画像・プロフィール

では栗原雄一郎 容疑者の妻である栗原なぎさ容疑者の顔画像やプロフィールについて紹介します。

顔画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kuriharanagisa2-1024x570.png です

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は nagisa-1024x587.png です

引用:Yahooニュース

下の写真は、栗原雄一郎 容疑者の妻なぎさ容疑者の若い頃の写真の様です。

プロフィール

名前  栗原なぎさ
読み方  くりはらなぎさ
年齢  31歳
現在地  千葉県野田市
職業  主婦

報道から明らかになっている家族構成は以下の通りです。

  • 栗原勇一郎容疑者(41歳)・会社員

(沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)東京事務所職員)

  • 栗原なぎさ容疑者(31歳)・心愛さんの母・主婦
  • 栗原心愛(みあ)さん(10歳)・小学4年生(野田市立二ツ塚小学校)
  • 栗原心愛さんの妹(1歳)

また、栗原容疑者と妻は2011年に一度離婚し、2017年に再婚している事が分かっています。

栗原雄一郎 容疑者の妻 は何故、虐待を止めなかったのか?

栗原雄一郎 容疑者の妻 は何故、虐待を止めなかったのかについて、考えていきたいと思います。

栗原雄一郎 容疑者の妻なぎさ容疑者は、2月4日に共謀したとして、逮捕された。その後の捜査関係者への取材で、警察が、栗原雄一郎 容疑者による年末年始の暴行も止めなかったなどとして、妻のなぎさ容疑者を2月25日にも傷害の共犯で再逮捕する方針を固めたことがわかった。

千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡し、傷害容疑で両親が逮捕された事件で、母のなぎさ容疑者(32)が、父の勇一郎容疑者(41)の再逮捕容疑となった昨年末ごろの暴行について「娘を立たせ、へたり込むと起き上がらせて怒っていた」と説明していることが15日、捜査関係者への取材で分かった。

県警は、暴行があったとされる年末年始にほぼ自宅にいたというなぎさ容疑者が目撃しながら黙認していた可能性があるとみて、関与の有無を慎重に調べる。15日、勇一郎容疑者を送検した。

勇一郎容疑者の再逮捕容疑は、昨年12月30日ごろから今年1月3日ごろまでの間、自宅で心愛さんの顔を浴室の床に打ち付けたり、膝でのしかかったりする暴行を加え、胸の骨を折るなどのけがをさせた疑い。

捜査関係者によると、なぎさ容疑者は「(勇一郎容疑者が)冬休み中に暴行し、あざができた。隠すため昨年末から外出させなかった」とも供述している。

引用:日経電子版

栗原雄一郎 容疑者の妻なぎさ容疑者は、

一連の報道で、今回逮捕された妻なぎさ容疑者も、夫である栗原勇一郎容疑者から暴力を受けていたことが分かっています。

一家は2017年8月まで沖縄県糸満市に住んでいましたが、当時、妻なぎさ容疑者の親族から「栗原勇一郎容疑者からDVを受けている」という相談が寄せられていました。

以上の情報より、「栗原雄一郎 容疑者の妻 は何故、虐待を止めなかったのか?」という疑問に対して、以下3つの仮説を考えました。

  1.  栗原雄一郎 容疑者の妻なぎさ容疑者は、夫である栗原雄一郎 容疑者のDVに支配されており、恐怖を感じている
  2. 栗原雄一郎 容疑者の妻なぎさ容疑者は、1歳の次女の子育てで疲弊し、虐待を止める気力がなかった
  3. 栗原雄一郎 容疑者の虐待をする理由を知っており、なぎさ容疑者はその理由に納得しているため

 i.の仮説が最も可能性があると思っています。

ⅲ.の仮説は少し興味深いと思います。皆が納得する様な理由があるのか、ということです。

栗原雄一郎 容疑者の虐待をする理由および関連情報については、こちらで調査をしたところ、ネットには公開されていないので、まだ分かりませんでした。 この内容は今後も調査を続け、情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

ネットの反応

今回の事件についてはネットで様々な意見が集められていました。

傷害罪で済ませて良いものか、もっと重罪の殺人罪に値する両親の虐待
父親の留守中は母親は保身のため、父親に言われたまま我が子を虐待していた。
母親なら、父親が居ない時に食事を与えたり、虐待の報告もなんとかごまかせる事も出来たのでは..と思ってしまう。
市長や幹部だけではなく、関わった関係機関の職員も処罰されるべきではないだろいうか?
この事件は少女の周囲にいた大人が責任を放棄しており、あまりにも少女が不憫でならない。

引用:Yahooニュース

父親の写真を見ると企業の部長かと思うほどの顔付き。母親もごく普通のお母さん風。これまで虐待する両親の写真や映像と比べて、育ちの悪そうな不良親の体裁が見受けられない。
推測の域を出ませんが、学校側にクレームを付けた際、罵声や怒声ではなく滑舌があって力強く説得力のある話をしたのかも知れない。論理的な話し方だった可能性もありますね。理不尽な要求なのに筋が通ってそうで、学校側は信じてしまったのかも知れない。
こういう親は厄介で手強いですね。
理不尽な要求で反論が困難な場合は、一旦時間をおき関係者と協議の上返答するなど、一人で物事を決めないようにした方が良いですね。

引用:Yahooニュース

虐待死はかつて何度もニュースでみたけど、今回はやはり実の子にやった所業と考えると、なおさらおぞましくて、どういう精神状況でこんな事に至ったか、精神解剖はした方が良いかもしれない。その後は再発リスクが無くてももちろん死刑にして、灰は肥料か海へ。我が子殺しは人間でいるための壁と言って良いほどの所業。ただの異常なホモサピエンスの魂は一旦自然に返そう。老人になるまでわざわざ税金は使わないでほしい。その分恵まれない子供たちの保護や生活に当てて欲しい。少子高齢化なのに、犯罪者は生き増えて、宝の子供達は殺され減っていく。矛盾が凄すぎて意味がわからない。日本全体で本気で未来を考えて、死刑をもっと増やさないと絶対ダメ。

引用:Yahooニュース

違和感しかない、傷害って…
親が子を…
子供がどんな想いで居たのか考えたら
逆に罪を重くして当然なのに、傷害って…
今回、幼い子供が命懸けで世の中に訴えかけて
事件の詳細が報道される度に
他人の自分でも胸が痛むような話
奪われた命は戻らないけど
せめても、この事件を機に
実行犯だけで無く、関わりに応じて
厳しく重く罪を問うようになって欲しい

引用:Yahooニュース

[AdSense]

まとめ

千葉県の栗原心愛さん(10)が父親より虐待を受けて死亡した事件を取り上げました。

まだ集めきれていない情報収集をしていき、加筆修正を行っていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする