寺本隆志容疑者のマンションは?容疑者が受けていた再犯防止プログラムについて紹介

去年の6月に長崎県で7歳の女児にわいせつな行為をして、怪我をさせたとして、わいせつ傷害の罪問われている男の裁判の判決が出て、容疑者に懲役7年の判決が言い渡された事件です。

今回は寺本隆志容疑者のマンションやの容疑者が受けていた再犯防止プログラム情報を紹介していきます。

[AdSense]

事件概要

今月5日の午後3時半ごろ、長崎県で7歳の女児にわいせつ行為をして、怪我をさせたとしてわいせつ傷害の罪を問われいている寺本隆志容疑者の実刑判決がでました。

去年、長崎市内で7歳の女児にわいせつな行為をして、けがをさせたとして、強制わいせつ傷害などの罪に問われている男の裁判員裁判で、長崎地裁は、男に懲役7年を言い渡しました。

 判決受けたのは、住所不定・無職の寺本隆志被告(66)です。判決文などによりますと、寺本被告は去年6月、長崎市内の路上で下校中の女の子のスカートをめくるなどしてけがをさせたほか、別の女児の下着を盗んだ罪などに問われていました。

 寺本被告は、1992年に東京と長崎で女子中学生2人を殺害し服役。出所後、広島で、強制わいせつ事件を起こしました。

 検察側は「常習性があり、過去の犯罪と共通性がある」と主張。弁護側は、服役を終えていて「二重に処罰すべきではない」としていました。

 長崎地裁は、女児が受けた精神的被害は大きいと指摘。過去の犯罪にも触れ、「直近の刑の執行終了から4か月あまりでの犯行で、非難の程度は大きい」として、寺本被告に懲役7年の実刑判決を言い渡しました。

引用:Yahooニュース

小松本卓裁判長は「抵抗されにくいという理由で女児を狙った犯行は卑劣で、幼い被害者の精神の発達に重大な影響を与えかねない」と指摘。過去に起こした殺人や性犯罪にも触れ「直近の出所からわずか4カ月余りでの犯行で、強く非難されるべきだ」と述べた。

引用:日経ニュース

抵抗されにくいという理由だけで女児は狙わないと思います。いくつかの理由の内の一つを供述したのではないでしょうか。寺本隆志容疑者の根本的な部分を掘り下げていかないと、この類の再犯防止は困難だと思います。

寺本隆志 容疑者の犯行履歴/事件の時系列纏め

寺本隆志 容疑者のこれまでの犯行内容を時系列で纏めました。

1992年 東京と長崎で女子中学生2人を殺害し服役
2015年 判決を言い渡されて服役
2015年 出所後に移り住んだ広島市でも強制わいせつ事件を起こし実刑判決を受けた
2018年5月、6月 女児2人の運動靴や下着などを盗んだ
2018年6月18日

女児に強制わいせつ、怪我させた(本事件)

 

 

[AdSense]

 

 

寺本隆志 容疑者が受けていた再犯防止プログラムとは

寺本隆志 容疑者が受けていた再犯防止プログラムについて、調査しました。

「孤立防ぐ支援」不可欠
 「二度と、このようなことを起こさないでください。よろしいですか」。21日の長崎地裁。判決言い渡し後、小松本卓裁判長が諭しても、寺本隆志被告は下を向いたまま言葉を発することはなかった。少女が犠牲になった殺人などで20年以上服役し、受刑中に性犯罪を繰り返さないためのプログラムを受けていた被告。今回の事件は、再犯を防ぐ難しさと、更生に向けた課題を浮かび上がらせた。

 寺本被告は1992年に東京都と長崎市で中学生2人を殺害して服役し、直近の前科が2013年に広島市で起こした強制わいせつ事件だった。

 公判で被告は、刑務所内で再犯防止プログラムを受けていたことを明かした。性犯罪の前科のある男が奈良県で起こした女児誘拐殺害事件をきっかけに06年に導入され、自身の性格や犯行に至る行動を分析、性衝動を制御することを学ぶ。

自己分析では「ストレスをためやすく、女性を尾行する行動が(性犯罪の)危険信号」だと自覚したという寺本被告。出所後も集団生活や治療による更生に取り組むよう促されたが断り、今回の事件では「過去の犯罪の記憶が戻り、危ないという自覚はあったが、自分をコントロールできなくなった」という。「孤独感と寂しさ」も動機の一つに挙げた。

法務省によると、プログラムは18年3月までに延べ5548人が受講、現在は毎年約500人が受けている。ただ、12年のまとめでは、受講者の性犯罪の再犯率(12・8%)は未受講者を2・6ポイント下回っただけだった。同省は性犯罪を厳罰化する17年の改正刑法を受け、昨年から再犯防止対策の拡充を念頭に、改めてプログラムの効果について調査に乗り出している。

引用:Yahooニュース

寺本隆志 容疑者は、06年に導入されたという「再犯防止プログラム」を受けており、その再犯防止プログラムの内容について、紹介します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は saiseipuroguramu-1024x678.png です

引用:法務省 第3章 再犯防止に向けた各種施策等 第1節 矯正

スクリーニング

性犯罪の再発防止プログラムは、性犯罪を起こした犯人の全員が対象になるわけではありません。上図の左側のスクリーニングにて適切な対象者に絞ります。犯罪内容や常習性があるかなどで判断します。

細かい内容はわからないですが、寺本隆志 容疑者は、選ばれそうですね。

更なる調査

絞られた対象者に対して、の①性犯罪の再犯リスク(再犯と結びつく要因),②処遇ニーズ(処遇によって変化させることで再犯リスクの低下に
つながると考えられる事項)や③処遇適合性(対象者の知的能力,動機付けの度合い及び身体的・精神的問題の有無等によって判断されるプログラムの受講適性)をあらかじめ設定した客観的基準によって判断し、受講に必要の有無を判断します。

再犯防止プログラムの内容

このプログラムは、「自己統制」,「認知のゆがみと変容方法」,「対人関係と親密性」,「感情統制」及び「共感と被害者理解」という科目があり、指導者が2人いて、8名の選ばれた受講者にて、1回100分のグループワークを実施しているそうです。

グループワークとは、受講者達がグループを作り、指導者が仕掛けた内容に対してグループ内で意見を出し合い、グループの見解を述べるという受講者が積極的に講義に参加するやり方をいいます。指導者が前に立って一方的な講義をして、受講者側は受け身の講義ではなく。

今回、寺本隆志 容疑者がこの講義を受けていたのに、今回の犯罪が起こってしまったということは、この講義の効果が証明されなかったということになると思います。見直しを図るのでしょうけど、あまり期待できないなぁ。

また、今回の事件が起きた当時の寺本隆志 容疑者のプロフィールや顔画像や両親の情報を記載した記事です。

⇒寺本隆志容疑者の両親や顔画像、プロフィール、犯行内容の履歴について紹介

 

 

[AdSense]

 

 

寺本隆志 容疑者 のマンション

こちらで寺本隆志 容疑者のマンションを調査をしたところ、ネットには公開されていないので、まだ分かりませんでした。 この内容は今後も調査を続け、画像が公開され次第加筆をさせていただきます。

ちなみに、1992年に寺本隆志容疑者が起こした事件で、長崎市でも女子中学生(当時12歳)をマンションから突き落として殺害しており、現在住んでいるのマンションと同じところに住んでいたのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする