ジャニー喜多川の病院搬送!少年愛裁判の内容と顔画像は?被害者はスマップ?

SMAP(解散)や嵐など数々のトップアイドルを輩出したジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏(87)が18日、都内の病院に救急搬送されました。

ジャニー喜多川の少年愛裁判の内容や顔画像は?被害者はスマップ?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ジャニー喜多川の少年愛裁判の内容は?

ジャニー喜多川の少年愛裁判の内容はどのような内容なのでしょうか?

少年愛裁判とは、1999年に一大キャンペーンとして、
ジャニー喜多川氏のホモセクハラや児童虐待を『週刊文春』が告発し、

文藝春秋をジャニーズ事務所とジャニー氏が提訴したことから始まった裁判のことを言います。

当時大きな話題となったのは、実際にセクハラを受けたという、
元ジャニーズJr.のメンバーが証言台に立ち、直接対決をしたことです。

その結果、第二審でホモセクハラ行為が事実と認定され、ジャニーズ側の上告も棄却されました。裁判所はセクハラ行為に関する記事の主要部分を真実と認めたということです。

形式上は、名誉毀損が認められておりジャニーズ側が勝ったことになっていますが、、
裁判の勝敗以上に、ジャニー氏のセクハラが、裁判所によって事実と認定された裁判だったのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ジャニー喜多川の顔画像は?

今回病院へ搬送されたジャニー喜多川の顔画像はネットに公開されているのでしょうか。 

ジャニー喜多川社長 都内の病院に救急搬送

引用:exciteニュース

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

被害者はスマップ?

少年愛の被害者はスマップということがよく言われていますが、本当なのでしょうか?

その手の暴露本として、数々の本が出版されています。

  • フォーリーブスの北公次 『光GENJIへ』(1988年)
  • ジューク・ボックスの小谷純とやなせかおる『さらば!!光GENJIへ』(1989年)
  • 平本淳也 『ジャニーズのすべて―少年愛の館』(1996年)
  • 豊川誕『ひとりぼっちの旅立ち -元ジャニーズ・アイドル 豊川誕半生記』(1997年)                          など

その中でも特に話題になった本が、

2005年3月、光GENJIの候補メンバーであった木山将吾による、
『Smapへ――そして、すべてのジャニーズタレントへ』(鹿砦社)です。

昼は食事を与えられ、夜は精を吸われる――ジャニーさんとの“蜜月”と“恥辱”の日々

現在は出版停止となっている本です。

「Smapへ」というかなりインパクトがあるタイトルとしたのは、木山氏としては、問題人物をこれ以上のさばらせてはいけないという強い思いかららしいです。

「僕はジャニー喜多川の愛人だった…」という帯のキャッチが衝撃的な同著だが、このキャッチから想像する内容のはるか上を行く、ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏によるホモセクハラ(※)という性的虐待行為の数々が、これまでのどの暴露本よりもページを割いて赤裸々に生々しく綴られており、そのおぞましさに戦慄を覚えること必至の一冊となっている。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ネットの反応

今回の事故についてはネットで様々な意見が集められていました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

SMAP(解散)や嵐など数々のトップアイドルを輩出したジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏(87)が18日、都内の病院に救急搬送されました。

ジャニー喜多川の少年愛裁判の内容や顔画像は?被害者はスマップ?という疑問に対して解説を行ってきました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする