千葉君津市の女子高生 校舎からなぜ転落したのか?ドクターヘリ出動条件は?

引用:Yahooニュース テレ朝news

 

千葉県君津市の県立高校で高校2年の女子生徒が3階から転落し、ドクターヘリで搬送されました。

千葉君津市の女子高生 校舎から転落しドクターヘリで搬送!なぜ転落したのでしょうか?また、ドクターヘリのどんな出動条件があるのでしょうか?

 

 

 

 

[AdSense]

 

 

 

 

事件概要

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kimitsu2-1024x583.png です

引用:Yahooニュース テレ朝news

千葉県君津市の県立高校で高校2年の女子生徒が3階から転落し、ドクターヘリで搬送されました。

事件の詳細は…

警察などによりますと、17日正午ごろ、千葉県立君津高校で休み時間中に3階のベランダから高校2年の女子生徒が転落しました。女子生徒はアスファルトの地面に落ちて鼻から血を流して倒れていて、ドクターヘリで病院に運ばれました。女子生徒はあごの骨を折る重傷ですが、命に別状はないということです。警察によりますと、女子生徒が1人で転落する様子を他の生徒が目撃していて、警察は事件と事故の両面で調べています。

引用:Yahooニュース テレ朝news

 

同署などによると、校舎は4階建てで、女子生徒は3階の多目的室のベランダから転落。別の校舎にいた生徒が、女子生徒が1人で転落する様子を目撃した。

 当時は10分間の休憩時間で、女子生徒は直前の授業にも出席し変わった様子はなかったという。同室に他の生徒はいなかった。

 同校は同日、全校集会で校長が生徒に事情を説明し、6限の授業を休講した。県教委はいじめなどトラブルの有無について「確認中」としている。

高校の校舎の3階から女子校生が落下して、重症を負ってしまったということで、最悪の結果にならなくて良かったと思います。

引用:Yahooニュース 千葉日報

女子校生はなぜ転落したのか?

女子校生はなぜ転落してしまったのでしょうか?

報道によると、校舎は4階建てで、女子生徒は3階の多目的室のベランダから転落。別の校舎にいた生徒が、女子生徒が1人で転落する様子を目撃したそうで、警察が事件と事故の両面の観点で、また、県の教育委員会はいじめなどトラブルの有無の観点で調査・確認をしているとこのとです。

事件性があるとすれば、以下が考えられると思います。

  • 何らかのトラブルがあり、自殺した
  • 第三者と何らかのトラブルがあり、第三者に突き落とされた

こちらで調査をしたところ、ネットにはまだ十分な情報は公開されていませんでした。

この内容は今後も調査を続け、新たな情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

 

 

 

[AdSense]

 

 

 

 

ドクターヘリで搬送!ドクターヘリの出動条件は?

事件が起きて、ドクターヘリで病院に搬送されたとのことですが、どんな時どんな条件でドクターヘリが出動されるのでしょうか?

ドクターヘリとは、医師や看護師を乗せて医薬品や医療機器を搭載し、搬送中に患者の迅速な治療行為ができる機能を備えています。また、「ドクターカー」というドクターヘリと同じ機能を備えた車タイプの機能も存在します。

ヘリは遠方や医療機関の少ない地域、カーは悪天候時や山間部などヘリが着陸できない場所での活用が有効とされるそうです。

2019年1月23日時点では、方針を決める厚生労働省の担当者が、「通報を受けた際、ヘリとカーのどちらを呼ぶのか基準を設けている地域は少なく、基準を明確にすることで出動の効率化や患者の救命率向上を目指す」としています。

詳細情報は以下の通りとなります。

医療スタッフを救急現場に派遣し移動しながら診察や治療ができる「ドクターヘリ」や「ドクターカー」を有効に運用するため、厚生労働省は地域ごとの出動基準づくりの検討を始めた。通報を受けた際、ヘリとカーのどちらを呼ぶのか基準を設けている地域は少ない。基準を明確にすることで出動の効率化や患者の救命率向上をめざす。


画像の拡大
訓練で飛行するドクターヘリ
画像の拡大
訓練で飛行するドクターヘリ

ドクターカー(中津川市民病院提供)
画像の拡大
ドクターカー(中津川市民病院提供)

救急現場から病院到着までは原則として消防の救急隊の役割だ。1991年に救急救命士の国家資格が創設され救急隊の活動範囲が広がったが、できる処置は限られる。

一方、ドクターヘリやドクターカーは医師や看護師を乗せて医薬品や医療機器を搭載し、搬送中に患者の迅速な治療行為ができる。ヘリは遠方や医療機関の少ない地域、カーは悪天候時や山間部などヘリが着陸できない場所での活用が有効とされる。

2018年9月時点でドクターヘリは全国43道府県に53機配備されており、16年度の搬送数は約2万5千件で10年前と比べて約6倍に増加。16年度時点で救命救急センターや消防機関が活用するドクターカーは約270台あり、運用は年々増えている。

ヘリかカーのどちらを呼ぶかは119番通報を受けた消防本部や現場の救急隊が判断する。ただ厚労省の調査によると、17年度時点でヘリを導入していた42道府県のうち、明確な判断基準を設けていたのは5府県にとどまっている。

例えば、ドクターヘリを共同運航する京都府と兵庫県、鳥取県の3府県。日本海沿岸の但馬地域では「自動車事故」や「心呼吸停止」など複数の事案ごとに、ヘリの要請基準となるキーワードの一覧を作成している。

通報内容がキーワードの一覧に該当し、重症化の恐れや救命が必要な場合はヘリを要請する仕組みだ。

通報段階の要請基準を作成することで、消防本部が判断しやすくなり、効率的な運用やより迅速な救命活動が可能になる。厚労省は自治体や地域の消防機関、医師会などで構成する各地の「メディカルコントロール協議会」で協議してもらい、各地域にあった基準づくりを進める方針だ。

厚労省の担当者は「どういう状況でどちらを呼ぶのかの基準が明確でない地域もある。うまく使い分ける方法を探ってもらいたい」と話している。

引用:日本経済新聞

事件現場

今回の事件or事故が起きてしまったのは、千葉県・君津市の県立君津高等学校だそうです。 その場所の地図がこちらになります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kimitsu-1-1024x581.png です

引用:Yahooニュース テレ朝news

ネットの反応

今回の事故についてはネットで様々な意見が集められていました。

 

 

 

 

 

[AdSense]

 

 

 

 

まとめ

千葉県君津市の県立高校で高校2年の女子生徒が3階から転落し、ドクターヘリで搬送されました。

千葉君津市の女子高生 校舎から転落しドクターヘリで搬送!なぜ転落したのでしょうか?また、ドクターヘリのどんな出動条件があるのでしょうか?という疑問に対しての考察を紹介しました。

この内容は今後も調査を続け、新たな情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする