京都西京区の53歳の無職のハードロック男は誰?犯行内容や犯行した場所はどこ?釈放後も大音量!!

自宅の窓を開けて大音量でハードロックなどを聴き続けたとして、京都府警は10日、京都市西京区の無職の男(53)を軽犯罪法違反(静穏妨害)の疑いで逮捕しました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aaIMG_2912.jpg です

京都西京区の53歳の無償の男は誰?犯行内容や犯行した場所はどこなのでしょうか?釈放後も大音量!!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

事件概要

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aaIMG_2918.jpg ですこの画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aaIMG_2917-1.jpg です

自宅の窓を開けて大音量でハードロックなどを聴き続けたとして、京都府警は10日、京都市西京区の無職の男(53)を軽犯罪法違反(静穏妨害)の疑いで逮捕し、発表しました。

事件の詳細は…

周辺住民の110番通報などで駆けつけた警察官が10回、音を小さくするよう求めたが、聞き入れず窓も閉めなかったという。男は「趣味で聴いていた。大きい音を流したのは間違いない」と話しているという。

西京署によると、逮捕容疑は昨年8月~今年3月の10回、戸建ての自宅でCDラジカセなどで大音量で音楽を聴き続け、近所に迷惑をかけたというもの。朝の7時半や夜の9時過ぎの時間帯もあった。駆けつけた署員に、「趣味でやっているんだ」「帰れ」などと言い返したという。

府警には2017年3月から、周辺住民から騒音をめぐる計23件の通報や相談が寄せられていたという。

引用:Yahooニュース 朝日新聞DIGITAL

わざわざ窓を開けてそこにスピーカーを置くとは外部に向けてアピールしているとしか思えなくて、もし自分が現場近くに住んでいたとしたら、非常に腹立たしい気持ちになるでしょう。

おそらく文句を言って論破して辞めさせるでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

京都西京区の53歳の無職のハードロック男は誰?

京都西京区の53歳の無職のハードロック男は誰なのでしょうか?

こちらで調査をしたところ、ネットにはまだ十分な情報は公開されていませんでした。

この内容は今後も調査を続け、新たな情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

京都西京区の53歳の無職のハードロック男の犯行内容は?

このように大音量で窓前回でハードロックなどを流し、とてもうるさいですね。

付近の住民によると、ノイローゼ気味の人もいて、大音量で物凄い音だというインタビューもあった。

2018年8月から2019年3月の間で10回も警察官の制止をきかず大きな音を出したらしいです。大きな音を鳴らしていたのは、もっと前で5年以上前から悩まされ続けてきたということです。

しびれを切らして逮捕に至ったというわけでしょうね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

釈放後も大音量!!

警察からの釈放後も大音量でハードロックを流している映像がこちら

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

京都西京区の53歳の無職のハードロック男の犯行した現場は?

今回の事件が起きてしまったのは、京都府・西京区だそうです。 その場所の地図がこちらになります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は f7718df354d785395175d292e0e9ea2d.png です

引用:Yahooニュース カンテレ

周りは報道でもリポーターが言っていましたが、閑静な住宅街とのことです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ネットの反応は?

今回の事故についてはネットで様々な意見が集められていました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

自宅の窓を開けて大音量でハードロックなどを聴き続けたとして、京都府警は10日、京都市西京区の無職の男(53)を軽犯罪法違反(静穏妨害)の疑いで逮捕しました。

京都西京区の53歳の無償の男は誰?犯行内容や犯行した場所はどこなのでしょうか?釈放後も大音量!!について紹介しました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする