ナカニシカナコさんが被害を受けた現場は?武装勢力の詳細も紹介

アフリカのエチオピアで武装勢力に襲撃され、日本人女性が死亡したことが確認された事件で、ナカニシカナコさんが被害を受けた現場は?武装勢力の詳細も紹介します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は echiopia2-1-1024x584.png です

引用:Yahooニュース テレ朝news

 

 

 

[AdSense]

 

 

 

ナカニシカナコさんが襲撃被害

アフリカのエチオピアで武装勢力に襲撃され、日本人女性が死亡したことが確認されました。

事件の詳細は…

現地時間の2019年3月19日にエチオピアの首都アディスアベバから西に約50km離れたエチオピア・オロミア州の高地にて、当時鉱山関係者の仕事で移動中だった5人が乗車する車が襲撃されました。

強盗目的の武装集団(オモロ解放戦線)に銃で襲撃され、エチオピア人3人、インド人1人、日本人1人の死亡が確認されました。

身元について、43歳日本人女性「ナカニシカナコ」さんと特定され3月22日午前10時時点において、引き続きパスポートなど身分証明書から本人確認を現地の政府関係者による日本大使館が捜査中とのこと。

この組織は左翼に分類される反対組織オロモ人から結成され主に現地の銀行や住民を標的にしているといい、計画的な強盗殺人事件ではないかとされている。

では、なぜ車を襲撃したのか目的は現金ではないかとされますが、おそらく金品に含まれる鉱山から採掘されたダイヤモンドなどを売却する目的で狙ったのでしょうか。

関連記事であるナカニシカナコさんの顔画像やプロフィールやSNS情報が記載されている記事を紹介します。

⇒関連記事:ナカニシカナコさん エチオピアで襲撃被害!?顔画像は?プロフィールやSNS情報も紹介

ナカニシカナコさんが被害を受けた現場は?

ナカニシ・カナコさんが被害を受けた現場は、エチオピアのオロミア州のネジョとのことです。

以下の地図の通りです。

 

 

 

[AdSense]

 

 

 

武装勢力の詳細

武装勢力の組織名は「オロモ解放戦線」(OLF)であり、1973年にオロモ人居住地域での自治権獲得などを目的として設立された反政府武装組織とのことです。

指導者は,ダウード・イブサ・アヤナという人物です。「エチオピア政府に対する自衛手段」などと主張し,エチオピア治安部隊などに対する攻撃を継続している。

ネットの反応

今回の事故の武装勢力ついてはネットで様々な意見が集められていました。

[AdSense]

まとめ

アフリカのエチオピアで武装勢力に襲撃され、日本人女性が死亡したことが確認された事件で、ナカニシカナコさんが被害を受けた現場は?武装勢力の詳細も紹介しました。

また、関連記事であるナカニシカナコさんの顔画像やプロフィールやSNS情報が記載されている記事を紹介します。

⇒関連記事:ナカニシカナコさん エチオピアで襲撃被害!?顔画像は?プロフィールやSNS情報も紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする