日本人ウドウ コカイン体内で密輸!?運び方と到着後の出し方

メキシコから成田空港に向かっていた航空機内で、日本人男性が体調を急変させ、死亡していたことが分かった。体内からは小分けにされたコカインの包み246個が見つかったという。

引用:Yahooニュース 日テレnews24

日本人ウドウ コカイン体内で密輸!?運び方と到着後の出し方

[AdSense]

事件概要

引用:Yahooニュース 日テレnews24

メキシコから成田空港に向かっていた航空機内で、日本人男性が体調を急変させ、死亡していたことが分かった。体内からは小分けにされたコカインの包み246個が見つかったという。

事件の詳細は…

地元メディアによると、メキシコシティーから成田空港に向かう航空機に乗っていた日本人男性が24日、体調を急変させ、緊急着陸したソノラ州の空港で死亡が確認されたという。

検察当局は26日、男性の体内から246個もの小分けにされたコカインの包みが見つかったと発表した。地元メディアは男性は42歳で名前を「ウドウ」と伝えている。

当局は、コカインの包みをのみ込んで密輸しようとした疑いもあるとみて調べている。

引用:Yahooニュース 日テレnews24

ウドウの体内で日本へ密輸!?

ウドウの体内から246個もの小分けにされたコカインの包みが見つかったとのことです。

この方法は、薬物密輸の常套な手段でよくニュースなどで聞きます。

口の中から薬物を入れて、運び終わった後は、口の中に紐がありその紐は胃袋に繋がっていて、到着したら紐を口から出し、引っ張って胃袋の中のコカインを出す仕組みです。

しかし今回は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする