柴田広幸容疑者の妻・子供は?犯行前の情報について紹介

2019年3月2日、山形県県朝日町の住宅で、アルバイト柴田節男さん(72)夫妻が死亡しているのが見つかった事件で、長男は依然、犯行について「話したくない」とこれまで通りの供述を繰り返していることがわかりました。

柴田広幸容疑者の妻・子供の情報や犯行前情報について紹介します。

[AdSense]

事件概要

2019年3月2日、山形県県朝日町の住宅で、アルバイト柴田節男さん(72)夫妻が死亡しているのが見つかった事件で、長男は依然、犯行について「話したくない」とこれまで通りの供述を繰り返していることがわかりました。

山形地検に身柄を送られたのは、朝日町新宿の無職・柴田広幸容疑者(45)。この事件は、2日午前10時すぎ、朝日町新宿の住宅で、柴田節男さん(72)と妻の幸子さん(68)の遺体が見つかり、同居する長男の広幸容疑者が節男さんの首をひものようなもので絞めて殺害した疑いで逮捕されたもの。調べに対し、広幸容疑者は家族構成や生い立ちなどについては語り始めたものの、事件の核心については「話したくない」とこれまで通りの供述を繰り返していることがわかった。

死亡した節男さん夫婦は、新聞配達のアルバイトをして家計を支えていたが、広幸容疑者は2月28日午前3時頃、「父が病気で倒れた。母も付き添わなければならず、しばらく休ませる」と電話をしていたことが分かっている。警察はこの時、すでに2人は死亡していた可能性があるとみて、司法解剖を行い遺体を詳しく調べるとともに幸子さん殺害についても広幸容疑者が関与したとみて追及し、事件の全容解明を進めている。

引用:Yahooニュース

事件の核心については「話したくない」と繰り返しているとこのことですが、よほど話したくない内容なのでしょうか。

推察ですが、自分が不利になる様な、よほど酷いことをしたのか、周りに迷惑がかかる様な、周り(妻や子供)を巻き込んでしまった犯行だったのでしょうか。

妻・子供は?

今回の事件を起こしてしまった柴田広幸容疑者の妻・子供の情報を紹介します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は sibatahiroyuki2-1024x566.png です

引用:Yahooニュース FNN

情報によりますと、

  • 節男さんの長女が2日午前に家を訪れ、節夫さんと幸子さんの2人が別々の寝室で死亡しているのを発見、110番通報をした
  • 柴田容疑者は結婚をしていて、妻・子供(2人)が山形県朝日町の家に住んでいた。節夫さんと幸子さんも住んでいた

これらの情報により、山形県朝日町の家に住んでいたのは、柴田広幸容疑者の家族4人と柴田節夫さん幸子さん夫婦2人となります。発見者の長女は家を訪れということから、実家には住んでなかったようですね。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は sibatahiroyuki3-1024x580.png です

引用:Yahooニュース FNN

その他、妻・子供の情報に関しては、こちらで調査をしたところ、ネットには公開されていないので、まだ分かりませんでした。

この内容は今後も調査を続け、公開され次第加筆をさせていただきます。

 

 

[AdSense]

 

 

柴田広幸容疑者の犯行前情報について

柴田広幸容疑者の犯行前の行動や振る舞い、両親へとのやり取りを纏めました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は sibata-1024x587.png です

引用:Yahooニュース FNN

節男さんは、タクシー運転手の仕事に加え、5年前から妻・幸子さんとともに新聞配達の仕事を始め、家計を支えていたということです。

というか、家計はこの2人の収入のみで持っていたということになりますよね。柴田広幸容疑者が無職だから。

2/28 柴田広幸容疑者から新販売所への不可解な電話

  • 新聞販売所を取材をすると、節男さん夫婦が最後に出勤したのは先週水曜日の2月27日。その翌日、広幸容疑者から不可解な電話があったという。
  • 新聞販売所の上司の電話内容は『息子さんのほうから、電話が来て、ちょっと親父が倒れたから、病院に行ったから今日は配達を休ませてくれってことで…2人ともですか?と、聞いたら「そうです」っていうんで…』という内容。

  • それに対する記者の応答内容は『それまでに、休むことってあったんですか?』という内容。

  • 新聞販売所の上司の電話内容は『ありません…』という内容。

  • この連絡を受けた翌日、新聞販売所の上司が節男さんの自宅を訪ねると、新聞販売所の上司は『広幸容疑者が、別に動揺したり、変わった様子もなく、子どもと一緒に出てきて落ち着いて対応していた…ただ、倒れたってことで病気の内容ははっきり言わなかったです』ということ。
  • 節男さんらは、最後に出勤した先月27日の午後6時ごろ以降に殺害されたとみられる。広幸容疑者の一連の対応について、警察は2人の遺体発見を遅らせるための偽装工作とみている。

遊ぶ金に欲しさに保険を解約

  • 現場となった家で節男さん夫婦は広幸容疑者夫婦と孫娘2人との6人で生活していた。
  • 幸子さんの知人によると、幸子さんの知人が『(広幸容疑者が)働かなくてね…「家を出て行け」って言って出してやったと言っていた』というコメントを頂いており、それに対して記者が『どうなったの?』と尋ねたところ、『「食べられないから」と言ってまた戻ってきたって』という回答であった。
  • 高齢の両親に生活を頼っていたという広幸容疑者。
  • さらに幸子さんの知人が『火災保険とか生命保険とか、勝手にはんこを持ち出して解約してきて遊ぶ金を作っていると聞いた』

柴田広幸容疑者の妻・子供の情報や犯行前情報について紹介し、妻が全くこれらの報道には出てこなかったが、27日の午後6時以降殺害されたというのが事実であれば、発見まで3日空いている間はどうしてたのか?妻も柴田広幸容疑者の犯行を知っていたのかどうか?など、いくつもの疑問が出てきます。

 

ネットの反応

今回の事故についてはネットで様々な意見が集められていました。

  •  息子に対して 色々 思う所があっても孫も 一緒じゃひもじい思いを させる訳にはいかない とか追い出す事も 出来ず夫婦必死になって 働いていたんだね

  • うちの兄がちょうどこんな感じ。俺の金380万持って母親とどこか逃げました。母も母ですが、子も子です。見つける気もないですがどうか母子ともに普通の生活送れてたらいいな。兄もちゃんと働いて親孝行してたらいいけど。

  • 引きこもりのニート息子かと思えば、妻子もいるのですね。びっくりです。老齢の親が仕事掛け持ちしているのに若夫婦は何していたのでしょう?息子夫婦が生活出来なくても冷たく突き放せば良かったのに、優しいご夫婦だったのですね。本当にお気の毒です。

  • 自分を育ててくれた両親を、無職でも実家において自分を養ってくれた両親を殺すなんて、まともな人間のする所業ではないな。でもこんなろくでもない奴でも、嫁さんと子供がいたなんて驚きだ。結婚してはいけない人間、親になってはいけない人間は、少なからず存在するからな。

引用:Yahooニュース 

[AdSense]

まとめ

2019年3月2日、山形県県朝日町の住宅で、アルバイト柴田節男さん(72)夫妻が死亡しているのが見つかった事件で、長男は依然、犯行について「話したくない」とこれまで通りの供述を繰り返していることがわかりました。

柴田広幸容疑者の妻・子供の情報や犯行前情報について紹介し、妻が全くこれらの報道には出てこなかったが、27日の午後6時以降殺害されたというのが事実であれば、発見まで3日空いている間はどうしてたのか?妻も柴田広幸容疑者の犯行を知っていたのかどうか?など、いくつもの疑問が出てきます。

こちらで調査をしたところ、これ以上の情報はネットには公開されていないので、まだ分かりませんでした。 この内容は今後も調査を続け、公開され次第加筆をさせていただきます。