アメリカ人 夫ジェイコブ・ウィルソンの顔写真は?家庭裁判所での事件の真相やネットの反応を紹介

3月20日午後、東京・千代田区の東京家庭裁判所で、アメリカ人の男が離婚調停中の妻の首を刃物で刺したとして、現行犯逮捕されました。妻は病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました、という霞が関が騒然とさせる事件が起こりました。

更新情報(4/15)でアメリカ人夫の顔写真や新たな情報が公開されました。

アメリカ人の容疑者の顔写真の情報と事件の真相は、一体どのような内容なのでしょうか?

 

 

 

[AdSense]

 

 

 

事件概要

3月20日午後、東京・千代田区の東京家庭裁判所で、アメリカ人の男が離婚調停中の妻の首を刃物で刺したとして、現行犯逮捕されました。妻は病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました、という霞が関を騒然とさせる事件が起こりました。

事件の詳細は…

20日午後3時20分ごろ、東京・千代田区の東京家庭裁判所の1階の玄関で、「女性が刺されている」と110番通報がありました。警視庁によりますと、32歳のアメリカ人の男が31歳の日本人の妻の首を刃物で刺したということで、妻は心肺停止の状態で病院に運ばれ、その後、死亡が確認されました。

 男は、所持品を捨てながら日比谷公園方面に逃走しましたが、駆けつけた警察官などに取り押さえられ、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。男は逮捕された際、バタフライナイフを含む、ナイフ3本を持っていたということです。自らの両手首もバタフライナイフで切りつけていて、救急車で病院に運ばれました。

 「その人がナイフ持って暴れていて、持っている手は血だらけだった。ペットボトルを投げつけて、水だったと思うんですけど」(目撃者)
 「犯人が飛び出してきて、警備員が追いかけていて、ナイフを取り出したので、自分も逃げようとして他の方とぶつかってけがをした」(目撃者)

 男は妻と離婚調停中で、20日は調停に向かう前に待ち伏せして犯行に及んだとみられ、警視庁は治療のため一旦釈放し、回復を待ってから事情を聴く方針です。

引用:Yahooニュース TBS NEWS

離婚調停とは、夫婦間で離婚の話し合いができないとき,進まないときに,裁判所に間に入ってもらって、離婚するかどうかや,その条件を話し合う手続きと認識していますが、調停前に犯行するに至る理由があったのでしょうか。

更新情報(4/15)

新たな情報が公開されました。

東京・千代田区の裁判所で、離婚調停中だった妻を刺して殺害したアメリカ人の夫が、殺人の疑いなどで逮捕された。

アメリカ人のジェイコブ・ウィルソン容疑者(32)は3月20日、東京家庭裁判所の1階玄関で、離婚調停中だった妻のウィルソン香子さん(当時31)の首を刃物で刺して、殺害した疑いなどが持たれている。

ウィルソン容疑者は、逃走時に自分の手を刃物で刺し、入院していた。

ウィルソン容疑者は、裁判所に離婚調停のため訪れた香子さんの予定を調べて、待ちぶせていたとみられる。

警視庁の調べに対し、ウィルソン容疑者は、「弁護士から説明を受けてから答える」と話しているという。

引用:Yahooニュース FNN

アメリカ人 夫の顔写真は?

今回の事件を起こしてしまったアメリカ人 夫の顔写真は公開されているのでしょうか?

こちらで調査をしたところ、ネットには公開されていませんでした。この内容は今後も調査を続け、画像が公開され次第加筆をさせていただきます。

報道によると、現場で警察官らがアメリカ人 夫を取り押さえている画像がありました。アメリカ人 夫の頭の一部が写っていますが顔の全体は確認できません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 身柄確保-1024x581.png です

引用:Yahooニュース

更新情報(4/15)

アメリカ人 夫の顔写真と名前が公開されました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は amerika2-1024x589.png です

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は amerika4-1024x580.png です

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は amerika5-1024x585.png です

引用:Yahooニュース FNN

 

 

 

[AdSense]

 

 

事件の真相(経緯・犯行動機)

事件の真相(経緯・犯行動機)はどのような内容なのでしょうか?

こちらで調査をしたところ、ネットには公開されていませんでした。 この内容は今後も調査を続け、新しい情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

事件現場

今回の事件が起きてしまったのは、東京都千代田区の家庭裁判所だそうです。 その場所の地図がこちらになります。

ネットの反応

今回の事故についてはネットで様々な意見が集められていました。

  • 持物検査直前だったそうだ、これは裁判所の不手際である、如何に夫婦でも手荷物検査直前でかち合わせないよう配慮が必要で不測の事態を想定してないからだ。
  • こういう状況になってしまった理由というのが、それなりにあるのでしょうが、刺す方も刺される方も悲しい人生になってしまいます。こんな形で人生終わるなんてとても残念ですよね。
  • 家庭裁判所で女性が荷物検査をしているのを待ち伏せして犯行に及んだというのは、荷物検査の場所に容疑者がいたのに
    家庭裁判所の人間が気づかなかったということなのかな?
    家庭裁判所で離婚調停を行う場合はそれぞれが会わないように、時間差で出入りしたり、入り口を別々にすることはできないのでしょうか。
  • 手荷物検査の前で待ち伏せしてたのを目撃されてたらしいけどその時点でおかしいでしょ
    隠れてたの?
    隠れてないなら妻を待ち伏せしてるのは想像つくし手荷物検査の人間は何故先に声をかけなかったのだろ?
  • 知り合いも揉めに揉めた離婚調停したけど、裁判所内では絶対に会わせなかったし、裁判所を出る時は、時間をあけて帰してた。
    入り口だって職員や警備員いるだろうし、なんでこんなことになった。

離婚調停の間は、裁判所内では絶対に会わせない、時間を空けて帰していたというコメントや裁判所側にも対応するべきことがあったとコメントがありました。

[AdSense]

まとめ

3月20日午後、東京・千代田区の東京家庭裁判所で、アメリカ人の男が離婚調停中の妻の首を刃物で刺したとして、現行犯逮捕されました。妻は病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました、という霞が関が騒然とさせる事件が起こりました。

アメリカ人の容疑者の顔写真の情報と事件の真相は、一体どのような内容なのでしょうか?という疑問に対しては、こちらで調査をしたところ、ネットには公開されていませんでした。 この内容は今後も調査を続け、情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする