愛媛県西条市の中学校で起きた殺人未遂事件の犯人の性格は?犯行動機や現場について紹介

3月20日午前8時30分頃、愛媛県西条市の公立中学校の体育館で、2年生の男子生徒が同級生の男子生徒の頭部を後ろからナイフのような刃物で刺すとんでもない事件が起きました。

今回起きた事件の犯人の性格はどのような性格なのでしょうか?また、中学校の情報(名前・評判・噂など)も紹介します。

[AdSense]

事件概要

3月20日午前8時30分頃、愛媛県西条市の公立中学校の体育館で、2年生の男子生徒が同級生の男子生徒の頭部を後ろからナイフのような刃物で刺すとんでもない事件が起きました。

事件の詳細は…

20日午前8時半ごろ、愛媛県西条市の市立中学校体育館で、2年生の男子生徒(14)が、同級生の男子生徒(14)の後頭部果物ナイフ(刃渡り約9センチ)で刺し、被害生徒は頭蓋骨(ずがいこつ)骨折で全治3週間のけがをした。愛媛県警西条署は、刺した生徒を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。「殺すつもりで刺した」と容疑を認めており、同署は生徒間トラブルがあったとみて調べている。

 同署などによると、事件当時は体育館に1、2年生が集まり、25日の終業式を前に春休みの説明会が始まったばかりだった。全員が起立後に一礼し、床に座った直後、逮捕された生徒がポケットからナイフを出し、近くに座っていた被害生徒に後ろから近づき、いきなり後頭部を刺した。

 他の生徒によると、2人は別のクラスだったが、2年生になった当初は仲が良かった。しかし2学期以降は関係が悪化、今月に入り、被害生徒が「友達やめよう」と逮捕された生徒に告げたという。

 学校は事件後、全生徒を下校させた。被害生徒は出血を防ぐため、数センチ刺さったナイフを抜かずに同県新居浜市内の病院に運ばれた。手当てを受けた後、保護者と話ができているという。同署はトラブルの内容や刃物を持ち込んだ経緯などを詳しく調べている。

 西条市の柳瀬康治教育長は「安全安心であるべき学校でこのような事案が発生したことを重く受け止めています」などとするコメントを発表。集会中、生徒が同級生に刺される異例の事態にショックを受けた生徒もいるとみられ、スクールカウンセラーなどを早急に派遣する。21日に保護者説明会を開き、翌22日に臨時校長会も開く。

 ◇突然ナイフで頭を… 「やめなさい」教諭らが駆け寄り

 体育館の集会に出ていた複数の同級生によると、逮捕された生徒は2列ほど離れた被害生徒に近づき、突然ナイフで頭を刺した。教諭らが「やめなさい」と駆け寄り、逮捕された生徒は体育館内の別室に連れて行かれた。床には血痕が残っていたという。被害生徒は刺された直後に素手で反撃したが、目立った流血はなく、地元消防によると、学校保健室で搬送を待っていた。

 中学校の近くに住む女性は「全然気づかなかったが、学校でそんなことがあったなんて……」と声を落としていた。

引用:Yahooニュース 毎日新聞

非常に悲惨な事件が起きました。被害者が死に至らずに骨折で済んだことは、不幸中の幸いであると思います。

この2人の間で、今月に入り、「友達を辞めよう」と逮捕された生徒に告げたとのことですが、これが犯行の動機に繋がるのでしょうか?

愛媛県西条市の市立中学校で2年生の男子生徒(14)が同級生の頭をナイフで刺した殺人未遂事件で、加害生徒が事件前から学校にナイフを持ち込んでいたとみられることが、複数の生徒や保護者への取材で明らかになった。同市教委によると、事件後に校長が全教員に聞き取りをしたが、誰も把握していなかった。

 生徒らによると、加害生徒は1年生のころから果物ナイフのような刃物をポケットに入れ、度々学校に持ち込んでいたのが目撃されていたという。

 21日には同校で、1~3年の生徒の保護者約250人が参加して説明会が開かれた。校長は冒頭、謝罪した上で、ナイフについて「周囲の子は知っていたかもしれないという情報があったが、教師には伝わっていなかった。生徒との信頼関係が欠けていた」と説明した。

 保護者から持ち物検査を求める声もあったが、学校側は生徒のプライバシーを理由に「難しい」との見解を示し、「家庭で持ち物を見てもらい、学習以外に不要な物を持ってこないよう徹底したい」と回答したという。

 県警西条署は同日、殺人未遂容疑で加害生徒を松山地検西条支部に送検した。

引用:Yahooニュース 毎日新聞

犯人である加害生徒は、1年生のころから果物ナイフのような刃物をポケットに入れ、度々学校に持ち込んでいたのが目撃されていたとのことです。

このことから想像できることは、いわゆるヤンキーと呼ばれる喧嘩早い中学生が思い浮かびました。

犯人が殺人未遂事件を起こした犯行動機は?

では今回、犯人が犯行に及んでしまった動機は何なのでしょうか。

現時点で報道されている情報は、

  • 体育館に1、2年生が集まり、25日の終業式を前に春休みの説明会が始まったばかりだった。全員が起立後に一礼し、床に座った直後、逮捕された生徒がポケットからナイフを出し、近くに座っていた被害生徒に後ろから近づき、いきなり後頭部を刺した。
  • 他の生徒によると、2人は別のクラスだったが、2年生になった当初は仲が良かった。
  • しかし2学期以降は関係が悪化し、この2人の間で、今月に入り、「友達を辞めよう」と逮捕された生徒に告げた。

これが犯行の動機に繋がるのでしょうか?

”ポケットからナイフを出し”と”頭部を刺した”というところから、犯人の供述通り、あらかじめナイフで被害者を殺そうとしていたと読み取れます。

友達をやめようと言われただけで、犯行に至ったのか、若しくは言われてから犯行に至るまで何かしらの経緯があるのか、今後の最新情報が公開され次第加筆修正を行っていきます。

殺人未遂事件を起こした犯人の性格は?

今回の事件を起こしてしまった中学生の犯人の性格はどのような性格なのでしょうか?

現時点では、犯行動機が不確定であり、友達をやめようと言われただけで、犯行に至ったのか、若しくは言われてから犯行に至るまで何かしらの経緯があるのかが明確になっていません。

もし、友達をやめようと言われただけで、ナイフで被害者を殺そうとしたのであれば、犯人の性格や生い立ち、普段の振る舞いなどの情報が必要になると考えています。

こちらで調査をしたところ、ネットには公開されていませんでした。この内容は今後も調査を続け、情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

[AdSense]

事件現場の中学校

今回の事件or事故が起きてしまったのは、愛媛県西条市の北中学校だそうです。 その場所の地図がこちらになります。

  • 二年女子タバコ吸いながら学校行きよるし…     ショボーン  ∧__∧ ( ´・ω・`)  (○) ,( ヽ∩∩ノ),、ヽ|〃,,, “““ ““ ““ ““ ““ ““ ““ ““““ ““

  • 田舎ヤンキー中学

引用:Googleマップ

こちらの口コミ情報が正しければ、西条市立北中学校は、ヤンキーが多く荒れている印象が浮かんできました。

ネットの反応

今回の事故についてはネットで様々な意見が集められていました。

  • 普通は人をナイフで刺そうと思っても頭は狙わない。胸や腹などを刺そうとする。

  • 損得、後先考えずに人さしたり殺意認めたりするのが中二っぽい。

  • 学校にも金属探知機が導入する時代になりますかね。

  • 刺して殺すつもり無かったって言うやつより潔いいいけど、考えようによってはめっちゃ怖いヤツですよ。

引用:Yahooニュース 

[AdSense]

まとめ

3月20日午前8時30分頃、愛媛県西条市の公立中学校の体育館で、2年生の男子生徒が同級生の男子生徒の頭部を後ろからナイフのような刃物で刺すとんでもない事件が起きました。

今回起きた事件の犯人の性格はどのような性格なのでしょうか?という疑問点に対して情報調査と考察を行いました。

現時点では犯行動機が不確定であり、もし友達をやめようと言われただけで、ナイフで被害者を殺そうとしたのであれば、犯人の性格や生い立ち、普段の振る舞いなどの情報が必要になると考えています。

こちらで調査をしたところ、ネットには公開されていませんでした。この内容は今後も調査を続け、情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする