台東区のホテルで台湾人死亡! どのように体内に50袋の薬物を入れた?

3月30日、東京・台東区のホテルで死亡しているのが見つかった台湾の男性の体内から、袋に小分けされた違法薬物約50袋が発見されていたことが分かりました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は taiwankusuri-1024x580.png です

引用:ANN NEWS

犯人と思われる一緒に宿泊していた台湾人2人は、どのように体内に50袋の薬物を入れたのでしょうか?

 

 

 

[AdSense]

 

 

事件概要

3月30日、東京・台東区のホテルで死亡しているのが見つかった台湾の男性の体内から、袋に小分けされた違法薬物約50袋が発見されていたことが分かりました。

事件の詳細は…

東京都台東区駒形2丁目のビジネスホテルで先月30日、台湾籍の60代男性が死亡しているのが発見され、体内から袋に小分けされた違法薬物が見つかっていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。男性は一部の袋が破れて中毒死したとみられ、警視庁蔵前署などが詳しく調べている。

 捜査関係者によると、男性は違法薬物の密輸に関与していた可能性があり、同署が一緒に宿泊していた台湾籍の男2人の行方を追っている。

 ホテルの従業員が先月30日昼ごろ、部屋で宿泊者の男性が死亡しているのを見つけ、119番した。

引用:共同通信 ニュース

この台湾人の方はいわゆる運び屋だったのでしょうか。なんて無茶な仕事なのでしょうか。どうしても運ばないといけない理由があったのでしょうか。

どのように体内へ薬物入れた?

薬物中毒のイラスト

引用:いらすとや

犯人と思われる一緒に宿泊していた台湾人2人は、どのように体内に50袋の薬物を入れたのでしょうか?

先月30日、東京・台東区のホテルで台湾出身の62歳の男が死亡し、その後、体内から覚醒剤とみられる粉末が入った小さな袋が大量に見つかったことがわかりました。
警視庁は男が覚醒剤を密輸したとみて調べています。

先月30日、東京・台東区駒形のホテルの部屋で、台湾出身の62歳の男が死亡しているのが見つかりました。
目立った外傷はありませんでしたが、警視庁が詳しく調べたところ体の中から覚醒剤とみられる薬物が入った小さな袋が、およそ50袋見つかったということです。
袋の一部は破れて粉末が漏れ出していて、男は覚醒剤による中毒で死亡したとみられています。
また、同じホテルには台湾出身の別の男2人が宿泊していましたが、その後、所在が分からなくなっているということです。
警視庁は、死亡した男が袋に入れた覚醒剤を飲み込んで日本に密輸したとみて詳しいいきさつを調べています。

引用:NHK NEWS WEB

違法薬物とは覚せい剤だったそうです。また警察は、死亡した男が袋に入れた覚醒剤を飲み込んで日本に密輸したとみて詳細を調べています。

この内容は今後も調査を続け、新たな情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

 

 

[AdSense]

 

 

ネットの反応

今回の事故についてはネットで様々な意見が集められていました。

 

 

 

 

 

 

 

[AdSense]

 

 

まとめ

3月30日、東京・台東区のホテルで死亡しているのが見つかった台湾の男性の体内から、袋に小分けされた違法薬物約50袋が発見されていたことが分かりました。

犯人と思われる一緒に宿泊していた台湾人2人は、どのように体内に50袋の薬物を入れたのでしょうか?という疑問に対して、警察は死亡した男が袋に入れた覚醒剤を飲み込んで日本に密輸したとみて詳細を調べています。

この内容は今後も調査を続け、新たな情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする