陣痛促進剤を投与した川島美沙さんの死亡原因は?遺族の損害賠償訴え

神奈川県内の病院で、陣痛促進剤を投与され、その後、出血大量の末、亡くなった女性の遺族が、病院側に過失があったとして、およそ1億4,200万円の損害賠償を求める訴えを起こしました。

陣痛促進剤を投与した川島美沙さんの死亡原因はどのような原因なのでしょうか?また、遺族の損害賠償訴えの内容も紹介します。

 

 

 

[AdSense]

 

 

 

事件概要

神奈川県内の病院で、陣痛促進剤を投与され、その後、出血大量の末、亡くなった女性の遺族が、病院側に過失があったとして、およそ1億4,200万円の損害賠償を求める訴えを起こしました。

事件の詳細は…

川島美沙さん(当時29)は、2017年、神奈川県内の産婦人科のクリニックで、長男を出産する際、陣痛促進剤を投与され、出血多量の末、亡くなったという。

川島さんの遺族は、陣痛促進剤が適切に投与されず、その後、止血や輸血などの処置が行われなかったとして、病院側を相手に、およそ1億4,200万円の損害賠償を求める訴えを起こした。

美沙さんの妹は、「最初に抱っこしたかったはずなのに、抱っこできないまま、1歳の誕生日を迎えることも一緒にできなくて」と話した。

美沙さんの父・河村孝之さんは、「怠慢ですよね。人の命をどう思っているのか。これは人為的なものだと思う。そのまま放置しておくのは納得できない話」と話した。

病院側は、取材に対して「業務中のため、今は対応できない」としている。

引用:Yahooニュース FNN

川島美沙さんの妹が「そのまま放置しておくのは、納得できない」ということを言っているのは、病院側がそのような対応をとったということなのでしょうか?副作用が出ているのに放置したということでしょうか?

この内容は今後も調査を続け、新たな情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

陣痛促進剤を投与した川島美沙さんの死亡原因は?

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は jintu-1024x579.png です

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は jintu1-1024x584.png です

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は jintu3-1024x573.png です

引用:Yahooニュース FNN

陣痛促進剤を投与した川島美沙さんの死亡原因はどのような原因なのでしょうか?

自然な陣痛ではありませんが、陣痛促進剤はあくまで人口的に子宮を強く収縮させることによって強い陣痛を起こす薬と言われています。そのため、子宮破裂や胎児仮死などが起こる医療事故が発生しています。

これらの医療事故の原因は、病院側が陣痛促進剤を使った母体と胎児の様子を、分娩監視装置などを通してきちんと管理しながら投与していなかったというものが多いのです。子宮口がまだまだ開いていないのに、過剰に薬を投与して強すぎる陣痛を起こすのは問題です。

陣痛促進剤自体が悪い薬なのではなく、投与する病院側の管理が不十分であったために起こった事故がほとんどです。

陣痛促進剤を投与しても、子宮口と陣痛の関係が上手くいかないなどトラブルがあると判断した場合は、陣痛促進剤の投与を中止して帝王切開に切り替えるなど、適切な処置を行えば問題なく分娩できる場合も多いと言われています。

使い方を間違うと確かに危険な薬ではありますが、有効に使えば安全な出産にをしやすくする薬であるといえます。

川島美沙さんは、陣痛促進剤を投与されて、出血多量で死亡とのことで、上記に述べた原因により死亡したと予想されます。

[AdSense]

遺族の損害賠償訴えの内容

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は jintu4-1024x586.png です

引用:Yahooニュース FNN

遺族の損害賠償訴えの内容も紹介します

  • 川島さんの遺族は、陣痛促進剤が適切に投与されず、その後、止血や輸血などの処置が行われなかったとして、病院側を相手に、およそ1億4,200万円の損害賠償を求める訴えを起こしました
  • 美沙さんの妹は、「最初に抱っこしたかったはずなのに、抱っこできないまま、1歳の誕生日を迎えることも一緒にできなくて」と話しています
  • 美沙さんの父・河村孝之さんは、「怠慢ですよね。人の命をどう思っているのか。これは人為的なものだと思う。そのまま放置しておくのは納得できない話」と話しましています
  • 病院側は、取材に対して「業務中のため、今は対応できない」としている。

⇒川島さんが通っていた神奈川県内の産婦人科についての詳細の関連記事:陣痛促進剤を川島美沙さんへ投与した病院はどこ?死亡原因の真実は?

ネットの反応

今回の事故についてはネットで様々な意見が集められていました。

  • 経過が明らかにならないと何とも。促進剤も止血のために使われる事がありますから。ただ、子宮は血流が豊富な臓器であり、止血の効果がないと、摘出するより他に手立てが無い。羊水が血管に入ってしまうと出血も止まらなくなるし、胎盤が子宮に癒着していたりすると、当然剥がす時に大出血の危険性がある。お産は絶対安全ではない。止血したら絶対に効果があるのではなく、一定数こういう事はある。

  • 陣痛促進剤って弛緩出血の時は止血目的で使うけど….。
    お産は本当に命懸け。亡くなったのはとても残念だけど、医療者も必死に対応していることを知ってほしい。

    業務中なので対応できない、というような姿勢だと訴えたくもなるか。残された赤ちゃんが元気に育ちますように。

  • 経過が明らかにならないと何とも。促進剤も止血のために使われる事がありますから。ただ、子宮は血流が豊富な臓器であり、止血の効果がないと、摘出するより他に手立てが無い。羊水が血管に入ってしまうと出血も止まらなくなるし、胎盤が子宮に癒着していたりすると、当然剥がす時に大出血の危険性がある。お産は絶対安全ではない。止血したら絶対に効果があるのではなく、一定数こういう事はある。

  • 陣痛促進剤って弛緩出血の時は止血目的で使うけど….。
    お産は本当に命懸け。亡くなったのはとても残念だけど、医療者も必死に対応していることを知ってほしい。

    業務中なので対応できない、というような姿勢だと訴えたくもなるか。残された赤ちゃんが元気に育ちますように。

引用:Yahooニュース

[AdSense]

まとめ

神奈川県内の病院で、陣痛促進剤を投与され、その後、出血大量の末、亡くなった女性の遺族が、病院側に過失があったとして、およそ1億4,200万円の損害賠償を求める訴えを起こしました。

陣痛促進剤を投与した川島美沙さんの死亡原因はどのような原因なのでしょうか?また、遺族の損害賠償訴えの内容も紹介しました。

病院側としては、業務中ということで病院側の見解がまだ公開されていません。

この内容は今後も調査を続け、新たな情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする