ブラジル人男の顔画像は?交番で暴れた動機は?容態が急変した理由も紹介

4月7日未明、神奈川県海老名市の海老名署さがみ野駅前交番で暴れて、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕された市内に住むブラジル人の男性が、複数の警察官に取り押さえられた際に意識を失い、搬送先の病院で死亡しました。

4/10の更新情報として、ブラジル人の死因は窒息死の可能性が高いと報道されています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は burajiru-1024x571.png です

引用:Yahooニュース TBS NEWS

ブラジル人の男はどんな顔(顔画像)なのでしょうか?交番で暴れた動機や容態が急変した理由についても紹介します。

 

 

 

[AdSense]

 

 

 

事件概要

4月7日未明、神奈川県海老名市の海老名署さがみ野駅前交番で、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕された市内に住むブラジル人の男性が、複数の警察官に取り押さえられた際に意識を失い、搬送先の病院で死亡しました。

事件の詳細は…

同署の発表では、男性は午前2時15分頃、自ら交番を訪問。対応しに出てきた男性巡査部長(40)に対し、突然、パイプ椅子を投げつけたり、顔を殴ったりして暴れたとして現行犯逮捕された。応援で駆けつけた警察官たちが、2人ずつ交代で計10分間ほど、上半身と足を押さえつけたところ、容体が急変したといい、午前3時25分頃、病院で死亡した。

 同署幹部は「通常の対応だったと考えている」とし、男性の死因を調べている

引用:Yahooニュース 読売新聞

突然、パイプ椅子を投げつけたり、顔を殴ったりして暴れたとのことで、ブラジル人が公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されました。

ところがその後、複数の警察官に押さえられた際に意識を失い、死亡してしまいました。

更新情報(4/10)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は burajiru4-1024x587.png です

引用:Yahooニュース TBS NEWS

新たな情報が公開されました。

7日未明に神奈川県海老名市の交番でブラジル国籍の男性(39)が警察官に取り押さえられた後に死亡する事案があり、県警が遺体を司法解剖した結果、窒息死の可能性が高いことが分かった。捜査関係者への取材で判明した。県警は、警察官の対応と死亡との間の因果関係の有無など詳しい経緯を調べている。

 海老名署などによると、男性は7日午前2時15分ごろ、海老名市のさがみ野駅前交番を訪れ、突然、40代男性巡査部長の顔面を殴ったり、パイプ椅子を投げつけたりしたという。巡査部長は無線で応援を要請し、駆けつけた別の警察官6人と共に公務執行妨害容疑で男性を現行犯逮捕した。

 逮捕時に警察官数人で男性の上半身と下半身を抱きかかえるようにして交番の床に押さえ込んだところ、男性は意識不明の状態になり、救急搬送されたが病院で死亡が確認された。捜査関係者によると、9日に行われた司法解剖で、男性の死因は窒息の疑いがあることが判明したという。

引用:Yahooニュース 毎日新聞

ブラジル人男の顔画像は?

今回事件を起こしてしまったブラジル人男の顔画像はネットに公開されているのでしょうか。 

こちらで調査をしたところ、ネットにはまだ情報が公開されていませんでした。

この内容は今後も調査を続け、画像が公開され次第加筆をさせていただきます。

ブラジル人男の交番で暴れた動機は?

では、ブラジル人男の交番で暴れた動機はどのような内容なのでしょうか?

これは、容態が急変して死亡したことと関連すると考えています。調べたところ、今回の事件と同様の事件が2018年10月に起きていたことがわかりました。

大阪府警都島署は21日、署員がパトカーで移動中に手足や腰を押さえていた同府豊中市の男性会社員(33)が、意識を失って搬送先の病院で死亡したと発表した。同署は司法解剖して死因を調べ、対応が適正だったかを調査する。

 発表によると、20日午後10時35分頃、大阪市都島区内でタクシーの男性運転手が「乗客の男が絡んでくる」と110番。同署員が駆けつけたところ、泥酔していた男性会社員が「殺すぞ」などと暴言を吐いたり殴りかかったりしたため、男性署員4人で手足や腰を押さえて保護し、パトカーに乗せた。移動中も暴れたため、男性署員2人が押さえていたところ、突然ぐったりしたため、病院に救急搬送したが死亡したという。

引用:5ちゃんねる

上記の事件と今回の事件で異なる点は、犯人が日本人であることで、どちらか分からない点は泥酔していたことです。なぜ死亡に至ったのか確認できなかったのですが、大量のアルコール摂取により急性アルコール中毒になり、死亡に至ったのではないでしょうか。

どちらの事件も足や腰を押さえつけられることで、意識がなくなり、その後死亡したことは共通しています。

今回のブラジル人男が起こした事件の暴れた動機の仮説としては、以下の通り、いくつか考えられると思います。

  • 過去の同様な事件と同じで、容疑者は泥酔していた
  • 薬物を使用し、指摘されカッとなって暴行した
  • 短気な性格であり、職務質問を受けただけでカッとなって暴行した

ブラジル人男の容態が急変した理由は?

では、ブラジル人男の容態が急変した理由はどのような内容なのでしょうか?

上の項でもお示しした通り、大量のアルコール摂取により急性アルコール中毒になり、死亡に至ったのではないでしょうか。

ブラジル人男のプロフィール

今回事件を起こしてしまったブラジル人男のプロフィールはネットに公開されているのでしょうか。

こちらで調査をしたところ、ネットにはまだ情報が公開されていませんでした。

この内容は今後も調査を続け、新たな情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

ネットの反応

今回の事故についてはネットで様々な意見が集められていました。

  • 血液検査で薬物が検出されるかも知れません『突然、パイプ椅子を投げつけたり、顔を殴る』行動に対しては当然の行為だと思いますもし、交番から逃げ出し、一般市民に危害を加えたら、それこそ大事件

  • 体内でアドレナリンラッシュが起きている粗暴犯は人間離れした馬鹿力を出し、痛みも感じないので、拳銃弾が1つ2つ当たったぐらいでは倒れないことがある。射撃する時間がなければ、次善の策は一刻も早く絞め技で大人しくなってもらうことだ。そうでないと警官自身や通行人に危害が及ぶ。

    いずれにしても警察にとって粗暴犯の「無力化」が最優先であって、殺すことは目的ではないが、現場ではそんなさじ加減などやっている余裕はない。日本だけでなく世界中の警察で同じように「数人がかりで取り押さえたら粗暴犯が死亡した」という事案がある。

  • 暴れたから制圧されただけのこと。射殺してもいい案件。警察に非はなし。一般市民に害が及ばなくて良かったと思う。そもそも、交番入って最初から暴れる位だから、薬物かアル中のどちらかでしょう。

  • 暴れた原因が何かしらないけど、ここはブラジルと違う。やるなら帰国してアチラでやればいい。あちらでは日常茶飯事だと聞いている。

引用:Yahooニュース

[AdSense]

まとめ

4月7日未明、神奈川県海老名市の海老名署さがみ野駅前交番で暴れて、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕された市内に住むブラジル人の男性が、複数の警察官に取り押さえられた際に意識を失い、搬送先の病院で死亡しました。

ブラジル人の男はどんな顔(顔画像)なのでしょうか?交番で暴れた動機や容態が急変した理由についても紹介しました。

こちらで調査をしたところ、ネットにはまだ情報が公開されていませんでした。

この内容は今後も調査を続け、画像が公開され次第加筆をさせていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする