紙幣刷新!4/9政府が発表!人物の名前,経歴や新元号「令和」との関連を紹介

麻生太郎財務相は9日午前、2024年度上期をめどに1万円札と5千円札、千円札の紙幣を刷新すると発表しました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は asou-1024x570.png です

引用:毎日新聞

4/9閣議後会見で政府が発表しました。本記事では刷新した紙幣の肖像画の人物の詳細(名前,経歴)や新元号「令和」との関連を紹介します。

[AdSense]

紙幣刷新の発表

麻生太郎財務相は9日午前、2024年度上期をめどに1万円札と5千円札、千円札の紙幣を刷新すると発表しました。

詳細は…

新しいお札の顔は1万円札が渋沢栄一、5千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎となり、明治維新以降の日本の実業や女子教育、医学研究を切り開いた人物が選ばれた。

 紙幣を一新するのは2004年以来、約20年ぶりとなる。麻生氏は理由について、偽造防止の観点からこれまでも約20年ごとに変えてきたと説明。今月1日の新元号発表と続いたことについては「たまたま重なった」と説明した。

 人物の肖像が刷られる表面に対して、裏面も一新される。1万円札は東京駅の丸の内駅舎、5千円札は藤の花、千円札は富嶽(ふがく)三十六景の「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」が採用される。

 1万円札に選ばれた渋沢栄一について、麻生氏は「日本資本主義の父」と表現、「この方の功績は大きかった」と語った。一方、2千円札の刷新を見送ったことについては、「流通枚数が少ない」ためとした。

 また、500円硬貨についても素材などを変えた新硬貨が21年上期をめどに発行されることが発表された。これまでのニッケル黄銅に、新たに白銅と銅も混ぜて新技術の「バイカラー・クラッド(二色三層構造)」を用いるなどの変更を加えている。

 財務省は、新紙幣・硬貨が発行された後も現行のお金は引き続き使えるとして、「現行の日本銀行券が使えなくなる」などとかたる詐欺に注意するよう呼びかけている。

引用:Yahooニュース 朝日新聞DIGITAL

紙幣刷新 人物の名前,経歴は?

では、刷新した紙幣の肖像画の人物は誰なのでしょうか?名前,経歴について紹介します。

紙幣一覧と肖像画人物刷新一覧表

まずは、紙幣種類と肖像画人物の刷新の一覧を示します。

紙幣種類 肖像画人物 2004年~2024年 肖像画人物 2024年~
1万円札 福沢諭吉 渋沢栄一
5千円札 樋口一葉 津田梅子
千円札 野口英世 北里柴三郎

また、500円硬貨も一旦、新たな元号「令和」が刻まれたものを発行した後で、新たなデザインに変わる予定で、複数の素材を用いた2色からなる硬貨が検討されていると報じられています。

新紙幣のイメージ

渋沢栄一と東京駅(丸の内駅舎)がデザインされた新たな一万円札。

一万円札、五千円札、千円札が渋沢栄一や津田梅子、北里柴三郎に刷新へ、五百円玉もデザイン変更

引用:毎日新聞

五千円札には津田梅子とフジがデザインされている。

一万円札、五千円札、千円札が渋沢栄一や津田梅子、北里柴三郎に刷新へ、五百円玉もデザイン変更

引用:毎日新聞

千円札には北里柴三郎と富嶽三十六景が描かれている。

一万円札、五千円札、千円札が渋沢栄一や津田梅子、北里柴三郎に刷新へ、五百円玉もデザイン変更

引用:毎日新聞

素材に「バイカラー・クラッド(二色三層構造)」を採用し、縁に「異形(いけい)斜めギザ」、微細文字を施した新たな五百円硬貨。

一万円札、五千円札、千円札が渋沢æ „一や津田梅子、北里柴三郎に刷新へ、五百円玉もデザイン変更

刷新された紙幣の肖像画人物の紹介

渋沢栄一

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は sibusawaeiichi-1024x902.png です

引用:Yahooニュース

名前 渋沢栄一
読み方 しぶさわえいいち
生年月日 1840年3月16日
死没 1931年11月11日(満91歳没)
職業 幕臣、官僚、実業家、教育者
出身地 武蔵国榛沢郡血洗島村(現埼玉県深谷市血洗島)

江戸時代の武士、官僚、実業家。第一国立銀行や東京証券取引所、一橋大学、東京経済大学などといった多種多様な企業、学校の設立・経営に関わり、「日本資本主義の父」ともいわれています。

仕事ぶりは真面目ですが、かなりの女好きであったと言われた人物だそうです。妻以外に2人の女性(1人は愛人、もう1人は後に離婚・再婚し後妻になった。)との間に子供が7人(全員で10人)居たことが判明しているとのことです。

津田梅子

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は tudaumeko-1024x909.png です

引用:Yahooニュース

名前 津田梅子
読み方 つだうめこ
生年月日 1864年12月31日
死没 1929年8月16日(64歳没)
職業 教育者
出身地 江戸牛込南御徒町(現在の東京都新宿区南町)

日本における女子教育の先駆者と評価され、女子英学塾(のちの津田塾大学)創立者とのことです。

学生の時にアメリカ留学した経験があり、10年程度過ごし英語はもちろんラテン語、フランス語などの語学や英文学のほか、自然科学や心理学、芸術などを学んだ。

北里柴三郎

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Kitasato_Shibasaburo-1.jpg です

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

名前 北里柴三郎
読み方 きたざとしばさぶろう
生年月日 1853年1月29日
死没 1931年6月13日(78歳没)
職業 医学者・細菌学者
出身地 肥後国阿蘇郡小国郷北里村(現・熊本県阿蘇郡小国町)

日本の医学者・細菌学者であり、「日本の細菌学の父」として知られ、ペスト菌を発見し、また破傷風の治療法を開発するなど感染症医学の発展に貢献した人物とされています。

[AdSense]

新元号「令和」との関連は?

新元号「令和」との関連は何かあるのでしょうか?

麻生氏の会見によると、今月1日の新元号発表と続いたことについては「たまたま重なった」と説明しています。

個人的には、キャッシュレス化が進んできている中で、紙幣を新しくする意図を知りたいですね。これまで慣れ親しんできた紙幣が変わるのは少し寂しい気がします。

ネットの反応

今回の事故についてはネットで様々な意見が集められていました。

  • 何で変えるのでしょうね。日本の紙幣は、世界的に見て偽造されにくいはずだが。頻繁に変えるべきものでないと思う。理由を聞きたい。今のままで良いと思う。

  • 時が経てば慣れる、と言われるかもしれないけど、3枚ともあまり親しみが持てない。

    まあ、あまりお札とは親しくない生活だから関係ないかもだけどね。
    個人的には諭吉さんで良かったと思うし、変えるんだったら聖徳太子が良かったな。

  • キャッシュレス化の波が押し寄せている中でこういう方針というのは少し意外だ。個人的には完全なキャッシュレス化社会は嫌だから、まだまだお札や硬貨に頑張って欲しいところだが。

  • 昭和の紙幣には威厳があった。500円ですら紙幣があった時代。。。聖徳太子は1万円、5千円と2種類もあり、どちらも立派だった。。。政府はもっと別な事に力を入れるべきだ。こんな事に大量の公金や沢山の労力を使うなと思います。

  • えぇ~!!野口英世、樋口一葉は特に違和感なかったしすんなり受け入れることができたけど、今回の変更は受け入れがたい。一万円札はやはり福沢諭吉であってほしいし、もし変更するにしても万人に馴染みのある人物にしてほしい。渋沢栄一だと政財界の力が働いていると勘ぐってしまう。

引用:Yahooニュース

[AdSense]

まとめ

麻生太郎財務相は9日午前、2024年度上期をめどに1万円札と5千円札、千円札の紙幣を刷新すると発表しました。

4/9閣議後会見で政府が発表しました。本記事では刷新した紙幣の肖像画の人物の詳細(名前,経歴)や新元号「令和」との関連を紹介しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする