滋賀大津市事故に対しての著名人や遺族のコメントを紹介!事故現場を検証結果も紹介

8日午後、園児の列に車が突っ込み、2歳の子ども2人の命が奪われた大津市の事故現場を検証した。散歩中に信号待ちをしていた園児たちや、列に突っ込むまでの2台の車の動きなど、痛ましい事故の当時の状況が明らかになってきました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ootsu-1024x584.png です

引用:Yahooニュース ABCニュース

本記事では、今回の事故に対しての著名人のコメントを紹介します。事故現場を検証した結果も紹介します。

[AdSense]

事件概要

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ootu4-1024x578.png です

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ootu3-1024x584.png です

引用:Yahooニュース ABCニュース

8日午後、園児の列に車が突っ込み、2歳の子ども2人の命が奪われた大津市の事故現場を検証した。散歩中に信号待ちをしていた園児たちや、列に突っ込むまでの2台の車の動きなど、痛ましい事故の当時の状況が明らかになってきました。

事件の詳細は…

現場は、片側1車線の湖岸道路と、市道が交差し、信号がある丁字路。北側から交差点に向けては緩い上り坂になっている。
レイモンド淡海保育園の園児たちは、午前10時に保育園を出発し、45分間の散歩に出掛けた。湖岸道路の横断歩道を渡ろうと、同園から北に約250メートル離れた丁字路南東角の歩道で信号待ちをしていたという。
同署によると、2台が丁字路に進入した際の信号は、ともに青だった。北進の乗用車はいったん丁字路手前の右折レーンで停止し、右折し始めた。そこへ軽乗用車が南進してきて、右折中の乗用車に気付き、軽乗用車は避けようとしてハンドルを左に切った。しかし、避け切れず、2台の右前部同士が衝突したという。
はずみで軽乗用車は、歩道の縁石やガードレールがない部分から、信号待ちの園児らの列に突っ込んだ。車道側にいた女性保育士3人に接触し、後ろにいた園児13人をはねた。そして、歩道の奥にある金網フェンスに衝突して止まった。
大津署は衝突の跡から、乗用車、軽乗用車ともに制限速度を大きく超過していなかったとみている。現場にはっきりしたブレーキ痕はなかったという。
2人は、同署の調べに対し、涙を流すなどしているといい、詳しい状況は聞けていないという。軽乗用車にはドライブレコーダーが搭載されており、滋賀県警は映像の分析を進めている。県警は今後、2人を立ち会わせて実況見分を行うという。

引用:京都新聞

著名人と遺族のコメントは?

今回の事件に対する著名人の方のコメントを紹介します。

小倉智昭さん

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ogura.jpg です

9日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、衝突した車2台のうちの1台が歩道にいた保育園児らの列に突っ込み、2歳の園児2人が亡くなった8日の大津市の事故を特集した。

 番組では事故の状況、保育園の園長らの会見の模様などをVTRで放送した。悲しみにくれる関係者の姿に小倉智昭キャスターは「亡くなったお子さんは、本当にお気の毒だと思うんですが、関係者のみなさんも本当に気の毒ですよね。なぜ、こういう風になってしまったのかって自分たちでも説明がつかないんじゃないかなって思うよね。悲しいね」と沈痛な表情で言葉を絞り出していた。

加藤浩次さん

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は katou.jpg です

9日放送の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)でのMC・加藤浩次のある発言に称賛の声が集まっている。

 この日、番組では8日に滋賀・大津市で発生した園児死亡事故に関する報道を紹介。現場からの中継も入り、双方とも青信号の状態での事故といったことが説明されていたが、スタジオには元千葉県警交通捜査官で交通事故鑑定人という専門家を迎え、状況を解説していた。

 その中で加藤は、昨日行われた園の記者会見について触れ、「悲痛な記者会見を保育園側がやられてましたけど、保育園側の過失と言いますか、問題点はまったくないわけですよね?」と専門家に質問。これに専門家が「全くありません」と断言する一幕があった。

 専門家はさらに「歩道の奥に園児を置いて、ブロックするように先生方がいたわけですから、もうそれ以上何をしたらいいかと思うぐらい全くありません」と解説。これに加藤は「手前の信号のない横断歩道を使わずに、信号のある方を使ってるんですよね、あえて。そこまでやっててもこういった事故が起きてしまうっていうのは本当辛いなと思うんですけど」と話し、続けて、事故原因を分析していた。

 「昨日行われた園の会見については、マスコミからの『園児たちはどんな様子で出ていったのか』『危険な場所だという認識はあったのか』などという質問が相次ぎ、園長が泣き崩れる場面もありました。園側に過失がないことは多くの人が認識しており、そもそも園側が会見を開く必要性があるかも問われていたため、加藤の園を擁護しようとする行動に称賛が集まったようです」(芸能ライター)

 これまでにも、視聴者の声を代弁するような発言で賛同や絶賛を集めていた加藤。今回も保育園側の過失がなかったことを強調していたため、文字通り「スッキリ」した視聴者も少なくなかったようだ。

引用:@niftyニュース

梅沢富美男さん

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は umezawa.jpg です

俳優の梅沢富美男(68)が9日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)に出演し、衝突した車2台のうちの1台が歩道にいた保育園児らの列に突っ込み、2歳の園児2人が亡くなった大津市の事故で、泣き崩れる園長らへの質問に批判が集まっている記者会見について見解を示した。

 会見の印象を聞かれた梅沢は「ひどいね。本当にコイツら少し考えないと」といきなり怒り心頭。

 続けて「何が起きてどうなったのか、園長先生だって被害者みたなもんじゃないかよ。わかってないんだから。何が聞きたかったんだよ、園長先生から。泣かせたかったんだろ。謝るしかないじゃない。こんなこと言うのも何だけど、謝るのもおかしな話だよ。被害者なんだから。何にもしてない。事故が起きるような場所にいたわけじゃないじゃない、歩道にいたんだよ。それをどうのこうの、ああだこうだって、バカなこと言ってんじゃねーよ、記者たちも。最近、ジャーナリストってアホばっかりだね。どうしてこんなこと聞いたり、そんな言い方をするのか」と一気にまくしたてた。

 記者の質について「浮気した時に記者がバーって来てさ、『何してたんですか?』って。見りゃわかんだろ、バーカ!」と最後まで怒りっぱなしだった。

引用:Yahooニュース スポーツ報知

原田優衣ちゃんの父、学さんのコメント(全文)

 報道関係各位

 青葉の候、各位ますますご清栄のこととお慶(よろこ)び申し上げます。

 さる2019年5月8日、滋賀県大津市にて残念な事故が起きました。

 その中で、私共の娘、原田優衣が今回の不慮な事故に巻き込まれ、わずか2年10か月という短い人生に幕を閉じました。

 レイモンド淡海保育園におかれましては、短い期間ではありましたが娘のかけがえのない笑顔を見守ってくれた事には感謝の意しかなく、今回の事にとらわれることなく今後も小さな命に寄り添い、共に歩み続けることを娘もきっと望んでいます。

 私共家族としても、家族5人で苦楽を共にし、普通に過ごせると思っておりましたので、今回、娘優衣の突然の逝去に関しては驚きを隠せず、現実とは思えませんでした。

 しかしながら、今自宅で話をせず、いつも明るく、いたずらっぽい笑顔も見せることもなく、ずっと寝ている娘を見ていると、徐々にではございますが、私共としても娘の死を受け入れざるを得ません。1日たつごとに家族としても胸が張り裂ける程の深い悲しみに包まれております。

 現在優衣を含め、家族5人で最後の一家だんらんを過ごしております。報道関係各位におかれましても、自宅周辺、近隣葬儀場等における取材・撮影等はお断り致します。

 私共としても安らかに娘を旅立たせようと思っております。優衣は2年10か月しか親より愛情を受けておらず、最後に私共夫婦、姉弟よりたっぷりと愛情を注ぐ式にしたいと思います。

 報道関係各位におかれましても何とぞ私共の心情を察して頂き、御配慮の程よろしくお願い致します。

 原田学

引用:Yahooニュース 朝日新聞DIGITAL

伊藤雅宮(がく)ちゃん(2)の遺族の方のコメント

報道機関の皆様へ

               お願い

 私たちは、この度の突然の事故で大切な家族を失い、深い悲しみを受けています。

 このような私たちの心情をお察しいただき、自宅や葬儀会場での取材や写真撮影をご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

                      令和元年5月9日

                          家族一同

引用:Yahooニュース 朝日新聞DIGITAL

[AdSense]

ネットの反応

今回の事故についてはネットで様々な意見が集められていました。

  • ドライバーが高齢でもない、飲酒でもない、スピードも出ていない、天気も良く、見通しも良い場所でのありふれた事故。しかし、一瞬の判断ミスがこんなにも重大な人身事故を引き起こしてしまうという恐ろしさ。加害者を責めても幼い命は戻らないという悲しさ。信号やガードレールなど安全対策の見直しはするにしても、最終的には運転する人の問題だろう。すべてのドライバーが自分も加害者になり得ると心に刻んで、慎重で丁寧な運転を心がけるしかない。

  • それぞれが法規を守っていたにも関わらず起きた事故であれば、何らかの対策が必要ではあるが、法規を守っていないのである。特に右折車両のドライバーは対向車を見ず、前走車の後に続いて右折したのである。前走者にくっついて行けばいいという安易な考えだったのだろう。このドライバーだけでは無い。同じことをするドライバーをたくさん見てきた。
    自分の運転を振り返ろう。
    この事故の加害者は明日の自分かもしれない。

  • 右折が苦手と言うが空間認識能力の問題や相対速度の把握が出来ないなら免許はそもそも出すべきではない信号機は300万〜500万と高額だし今の信号機でも歩者分離すれば少なくとも歩行者の事故は減る後は交差点周りの規制と改良。交差点の四隅は経済的には最高の立地になっているが空間を開けさせて見通しの確保を義務付けるとかね。
    塀でギリギリまで敷地活用なんてのは最悪だ。(京都の路地とか絶望的)

  • 信号ルールね…?確かに…一部ではかなり早いのがあるけど、信号を長くすると、その周りも影響するからね。だから簡単には変えられないと聞いた。正直、このケースはよく起きる事故で…偶々人がいなかったとか、ガードレール等で防げたケースが多いと思う。多くの園児が巻き込まれたのは残念だけど…信号まで持ち出すと、どうなんだろうね? やたら早いのや、ややこしいのは改善した方が良いと思うけど…このケースは前方不注意が事故の原因らしいから…やはり前をしっかり見て運転することが大事だと思う。そこに、事故が起きても歩行者を巻き込まない備えが必要だと思う。ドライバーの意識を期待しても、未だに飲酒運転等が原因の事故は起きてるからね。根本的な事を求める前に対策はしてた方が良いと思う。あーだこーだ議論してる間も事故は起きてるからね。

引用:Yahooニュース 

[AdSense]

まとめ

8日午後、園児の列に車が突っ込み、2歳の子ども2人の命が奪われた大津市の事故現場を検証した。散歩中に信号待ちをしていた園児たちや、列に突っ込むまでの2台の車の動きなど、痛ましい事故の当時の状況が明らかになってきました。

本記事では、今回の事故に対しての著名人のコメントを紹介します。事故現場を検証した結果も紹介しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする