東京新宿区 トラックで100m引きずり死亡!?運転男性は当時も意識朦朧?

東京・新宿区の都道で13日、自転車とトラックの接触事故があり、自転車に乗っていた男性がおよそ100メートル引きずられて死亡しました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 100m-1024x579.png です

引用:Yahooニュース FNN

東京新宿区 トラックで100m引きずり死亡させた事件で、運転男性は当時も意識朦朧としていたのでしょうか?

 

 

 

[AdSense]

 

 

 

事件概要

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 100m2-1024x572.png です

引用:Yahooニュース FNN

東京・新宿区の都道で13日、自転車とトラックの接触事故があり、自転車に乗っていた男性がおよそ100メートル引きずられて死亡しました。

事件の詳細は…

13日午後2時50分ごろ、新宿区水道町の都道8号で車道を走っていた自転車の男性が大型トラックと接触して下敷きとなり、そのままおよそ100メートル引きずられました。男性は、その場で死亡が確認されました。

 トラックを運転していた埼玉県本庄市に住む男性会社員は、警視庁の調べに「車が上下したが、人をひいた記憶はない」と説明しているということです。

 男性会社員は調べを受けている最中に意識がもうろうとしたため、病院で治療を受けています。警視庁は回復を待って事情を聴く方針です。

引用:Yahooニュース TBS NEWS

事故現場の様子は?

今回の事故が起きてしまったのは、東京都・新宿区の都道8号だそうです。 その場所の地図がこちらになります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 100m3-2-1024x580.png です

引用:Yahooニュース FNN

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 100m8-1024x577.png です

引用:Yahooニュース TBS NEWS

車道を走っていた自転車は、道路交通法に従って車道にある自転車ナビマークの上を走っていたことが現場写真からわかります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 100m10.png です

引用:警視庁

また、人を轢いて100m引きずったならば、運転に集中出来ていれば気が付くはずです。何らかの原因があり、運転に集中していなかったのではないでしょうか。

「車が上下したが、人をひいた記憶はない」と供述している上で、男性会社員は、調べを受けている最中に意識が朦朧としたということですが、運転に支障がある疾患を抱えている可能性があると考えられます。

運転男性は当時も意識朦朧としていた?

では、トラック運転男性は当時も意識朦朧としていたのでしょうか?つまり、普段から意識が朦朧とし、運転に支障がある疾患を抱えている可能性はあるのでしょうか?

こちらで調査をしたところ、ネットにはまだ十分な情報は公開されていませんでした。 この内容は今後も調査を続け、新たな情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

また、今回は「自動車の運転に支障を及ぼすおそれがある病気」について、以下の通り紹介します。

自動車の運転に支障を及ぼすおそれがある病気

1.幻覚の症状を伴う精神病

  • 統合失調症

2. 発作により意識障害又は運動障害をもたらす病気

  • てんかん
  • 再発性の失神
  • 無自覚性の低血糖症

3. 1・2のほか,自動車の運転に支障を及ぼすおそれがある病気

  • そううつ病
  • 重度の眠気の症状を呈する睡眠障害

4. 対象にしないもの(例)

  • 介護保険法第5条の2に規定する認知症
  • アルコール,麻薬,大麻,あへん又は覚せい剤の中毒者

 

 

 

[AdSense]

 

 

 

ネットの反応

今回の事故についてはネットで様々な意見が集められていました。

  • 交通事故は当然ながら車側は悪くなる。しかしルールを知らない自転車が多すぎる。道路を走るなら自転車もルールを知ることが必要だと思う。私は2度事故を目の前で目撃したが自転車側も悪いと思った。逆走と十字路赤点滅信号だった。車だとあり得ないかもしれないが、自転車だと当たり前のようにルール違反してる。
  • 2015年の道路交通法改正で自転車は車道の側道を走るようにと厳格化されましたね。しかし自転車を車道に追い出すなら、自転車の教育を強化するなど対策が必要では?そもそも、自転車を車道に追い出す必要があったのだろうか?「自転車VS歩行者」「自転車VS自動車」、どっちが衝突エネルギーが大きいかは客観的にも一目瞭然です。致命傷になりやすいのは後者でしょう。警察の統計では年々事故死は減っているのですが、それは24時間以内に死亡させない医療の進歩のおかげでもある。それに交通事故はそもそも2015年以前から減少傾向にあった。自転車を車道に追い出すことで、自転車がらみの事故はかえって増加しているのでは?2014年は13.1%だった自転車がらみの事故が、2015年は13.9%に増加している。これは偶然であろうか?法改正をしなければ、この0.8%の人が死なずに済んだ可能性はなかろうか?
  • 自転車を歩道で通行させた場合、子供や老人、障害者など生身の人間を巻き込む事故を起こす可能性がある。自転車を車道で通行させた場合、車との接触で自転車の運転者が被害にあう可能性がある。道交法では、どちらの被害が少ないかという選択だ。人命を守るという点を第一にするならば、自転車専用レーンに両側にガードレールを付けるとなってくる。そして、自転車専用レーンの無い道路を自転車で走ると、何らかの違反を取るようになる可能性も出てくる。そうなってくると、自転車を免許制にして原チャリと同じ扱いにするという案も可能性としてはある。
  • 道が狭くて、自転車、バイクの走る道がない。だからと言って、車と自転車を同じ道を走らせないで欲しいと言うのは少し乱暴な気がする。車の教育はあるのに、自転車の教育が小さい頃からないのも問題。警察も自転車に関しては取り締まりもせずに、車のせいにしてるのも問題。お互い譲り合うしか仕方ないというのが、現状の様な?
引用:Yahooニュース

 

 

 

 

[AdSense]

 

 

 

まとめ

東京・新宿区の都道で13日、自転車とトラックの接触事故があり、自転車に乗っていた男性がおよそ100メートル引きずられて死亡しました。

東京新宿区 トラックで100m引きずり死亡させた事件で、運転男性は当時も意識朦朧としていたのでしょうか?という疑問に対して、現状ある情報から推察をしていきました。

こちらで調査をしたところ、ネットにはまだ十分な情報は公開されていませんでした。 この内容は今後も調査を続け、新たな情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする