東京品川区の中学生は飛び降りたのか?顔画像やプロフィール、現場の様子も紹介

東京・品川区の路上で6日夜、中学2年の男子生徒が倒れているのが発見され、病院に搬送されています。

引用:Yahooニュース FNN

東京品川区 中学生は飛び降りたのか?顔画像やプロフィール、現場の様子も紹介します。

 

 

 

[AdSense]

 

 

 

 

事件概要

東京・品川区の路上で6日夜、中学2年の男子生徒が倒れているのが発見され、病院に搬送されています。

事件の詳細は、

飛び降りた可能性があり、事件と事故両面で調べている。

6日午後1150分ごろ、品川区平塚の路上で「小学生くらいの子どもが血を流して倒れている」と通報があった。

倒れていたのは、中学2年の男子生徒で、意識不明のまま病院に搬送されたいう。

夏休みやゴールデンウイークなどの長い連休明けの直後には、子どもの自殺が増加する傾向があり、警視庁は男子生徒が飛び降りた可能性も視野に、事件と事故の両面で慎重に調べを進めている。

引用:Yahooニュース FNN

夏休みやゴールデンウィークなどの長い連休明けに子供の自殺が増加する傾向があるという事ですが、頑張りすぎて疲れがどっと出て、4月はまわりに適応しようと、自分を押し殺して頑張る。

頑張りすぎて5月の連休で疲れが出て、緊張の糸も切れてしまうことが原因で自殺が増加する傾向になってしまうとのことです。

学校という狭い世界だけで生きていると苦しい。地域活動とか習い事とか、学校の人間関係から解き放たれる場所を持って欲しい、と思います。

連休明けの子どものSOSはどうキャッチすればいいのか。「『学校に行きたくない』とは、ほとんどの子どもが言わない」と石井さんは言う。SOSの出し方は子どもによって違うが、学校に行こうとすると頭痛や腹痛が起きたり、自分の意思で体を動かせなくなったり、体や表情に異変が出てくるケースが多いという。いらだちが止まらなくなるといった子もいる。

サインが出た時は、子どもはすでに限界ぎりぎりの状態で、『もうちょっと頑張ろう』と言われると子どもは絶望してしまう。『無理しなくていいよ』と言って休ませてあげてください。

東京品川区中学生は飛び降りたのか?

6日午後11時50分ごろ、品川区平塚のマンションの敷地内で、「子供が血を流して倒れている」と通報があった。倒れていたのは、このマンションに住む中学2年生の男子生徒で、救急搬送されたが、意識不明の重体です。

当時、自宅には家族がいたが、就寝中だったという。

警視庁は、男子生徒がマンションから転落したとみて、事件と事故の両面で調べています。

 

 

 

[AdSense]

 

 

 

 

東京品川区の中学生の顔画像は?

今回事件を起こしてしまったor今回被害を受けた東京品川区の中学生の顔画像はネットに公開されているのでしょうか。 

こちらで調査をしたところ、ネットにはまだ十分な情報は公開されていませんでした。

この内容は今後も調査を続け、新たな情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

東京品川区の中学生のプロフィールは?

東京品川区の中学生のプロフィールはネットに公開されているのでしょうか。

こちらで調査をしたところ、ネットにはまだ十分な情報は公開されていませんでした。

この内容は今後も調査を続け、新たな情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

 

 


 

 

現場の様子は?

現場の場所は東京品川区平塚のマンションで、現場の様子も紹介します。

ネットの反応

 

 

 

[AdSense]

 

 

 

まとめ

東京・品川区の路上で6日夜、中学2年の男子生徒が倒れているのが発見され、病院に搬送されています。

東京品川区 中学生は飛び降りたのか?顔画像やプロフィール、現場の様子も紹介しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする